• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 公正な評価機関から過去最高の評価。「Galaxy Note9」は最も優れたスマートフォンとして評価されたって話。

公正な評価機関から過去最高の評価。「Galaxy Note9」は最も優れたスマートフォンとして評価されたって話。

Samsungの想定以上の売れ行きを見せている「Galaxy Note9」ですが、上期に発売された「Galaxy S9」シリーズの売上不振を補うかのようにしっかり売れていることが判明しており、特に最上位モデルである「512GBモデル」に人気が集中していることが判明しています。詳細は「「Galaxy S9」の失敗を乗り越えて。「Galaxy Note9」の一部モデルは2ヶ月待ちの大ヒットにって話。」をご参照下さい。

一方で、「Sペン」と「カメラ」が大きな特徴の一つとされている「Galaxy Note9」ですが、「Galaxy Note8」からあまり変化がないなど批判の対象となっている中、先日公開された「ディスプレイ」の評価機関からの結果において、スマートフォン市場で最高のディスプレイを搭載していることが判明しています。詳細は「大きな進化はディスプレイも。「Galaxy Note9」のディスプレイは史上最高評価を獲得したって話。」をご参照ください。

さて今回アメリカの評価機関として有名なConsumer Reportsが「Galaxy Note9」は最も優れたスマートフォンとしてレポートを公開したことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



最高の評価を獲得に。

 

さて同サイトによると、「Galaxy Note9」は、「バッテリー」や「ディスプレイ」、そしてその「価格」を総合的に判断した結果、スマートフォン市場で最高の評価を獲得したことを報告しています。

まず、同サイトによるバッテリーテストの結果から、「29時間」という驚異的な記録を残したとしており、極端なユーザーを除いては、1日バッテリーが持つとかなりの高評価をしています。

次に本体の耐久性を評価しており、簡単に言えば落下テストを100回繰り返したところで破損したとの結果が出ており、昨年発売された「Galaxy Note8」が「50回」で破損したことからも、かなり耐久性が増していることが証明されたとしています。

また先日の情報通り、「ディスプレイ」に関しては、かなりの高評価をされているのですが、高評価を受けたことに何の驚きもないとされており、それだけ評価する前から非常に優秀な「ディスプレイ」を搭載していることが明らかだったとしています。

そして「カメラ」に関しては、「デュアルレンズカメラ」に「最大10倍」のズームに対応、そして「ボケ機能」の完成度の高さ。また何より「オートフォーカス」機能が非常に優れているなど、カメラ全体の機能をかなり高評価していることが判明しています。

一方で「Galaxy Note9」のデメリットに関しても言及しており、まず本体が大きいこと。そして同様のカメラ性能を求めるのであれば、より小さく、より軽い「Galaxy S9」シリーズが選択肢としてあること。そしてその価格は、ユーザーが購入する際のハードルになる可能性があるとしていますが、ほぼデメリットはない状態だと評価しています。

発表された当初は、やはり「Galaxy Note8」と大きな差がなく、物足りなさを感じる一面もありましたが、やはり世代を重ねたことによって完成度がより増して、その結果今回の評価を獲得できたと考えることができます。日本でも展開される可能性が高いと考えることができますが、「512GB」モデルが展開されるかどうか気になりますよね。

SIMフリーモデルが気になる方はぜひチェックしてみてください。



おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧