高品質な「純正ケース」のレンダリング画像が公開に。「Huawei Mate20 Pro」は全体がすっきりとしたデザインを採用にって話。

いよいよ正式発表まであと僅かとなってきた「Huawei Mate20 Pro」ですが、先日の情報からも世界最高峰のカメラはさらなる進化を遂げ、「水中モード」や「ARシアター」モードなど、今まであるようでなかった新機能に対応している可能性が高いと予測されています。詳細は「最高のカメラは「地上」から「水中」へ。次期「Huawei Mate20 Pro」は新しい撮影モードを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で、その「デザイン」はほぼ判明しつつありますが、先日の情報からも新たに本体カラーが判明しており、新色「エメラルドグリーン」を含めた4色展開になると予測されており、またグラデーションカラーがメインカラーになると考えることができます。詳細は「最高のスペックに最高のカラーを添えて。「Huawei Mate20 Pro」は新色「エメラルドグリーン」を追加にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20 Pro」の「Huawei」純正ケースがリークし、やはり「Huawei Mate20 Pro」は「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載している可能性が非常に高いことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



純正ケースがリークに。

さて今回リークした「Huawei Mate20 Pro」の専用ケースが上記の画像になります。先日までの情報と同じく、「Huawei Mate20 Pro」は「iPhone XS」と同じく「ノッチスタイル」を採用した「ベゼルレスデザイン」を採用していることを確認することができます。

また上記の画像は「シリコン」ケースとなっており、さらに背面部分に「Huawei」の文字を確認することができることからも、今回リークしたケースは「Huawei Mate20 Pro」の「純正ケース」であると考えることができます。

「背面」の「トリプルレンズカメラ」が「スクエア型」であること。そして「指紋認証」が背面に搭載されていないことからも、その全体のデザインがかなりすっきりしており、むしろちょっと寂しさも感じてしまいます。

そして今回の純正ケースと同時に上記の「手帳型」のケースもリークしています。ただ、このケースに関しては背面に「Huawei」の文字を確認することができないことからも、上記の「シリコンケース」と同様に純正ケースかどうか判然としません。

先日の情報からも、「Huawei Mate20 Pro」は「6.9インチ」の大型ディスプレイに「有機ELディスプレイ」、そして「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載など、かなりハイスペックになると予測されています。詳細は「「6.9インチ」の大型ディスプレイが独特の雰囲気を。「Huawei Mate20 Pro」の新たな実機画像がリークって話。」をご参照下さい。

一方で、「Huawei」のBluetoothイヤホンである「Huawei Freebuds 2 Pro」が先日の情報からも「ワイヤレス充電」に対応していることが判明していますが、さらに驚きなのが、「Huawei Mate20 Pro」本体を通して充電も可能になっていることが判明しています。詳細は「「Huawei Mate20 Pro」と一緒に使うことで最高の組み合わせに。「Huawei Freebuds 2 Pro」はワイヤレス充電が可能にって話。」をご参照下さい。

今年のハイスペック機種の筆頭は「Galaxy Note9」になると考えられていましたが、事前情報を考慮すると「カメラ」だけではなく、「スペック」においても「Huawei Mate20 Pro」が筆頭になりそうですね。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!