• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • Samsungにとって「Galaxy S10+」は特別な存在へ。次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成にって話。

Samsungにとって「Galaxy S10+」は特別な存在へ。次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成にって話。

先日の情報からも「Galaxy S」シリーズとして、次期「Galaxy S10」は初の「3モデル」構成になると予測されており、「Galaxy S9」の後継モデルとして「Galaxy S10」と、「Galasy S10+」、そして「エントリーモデル」が追加される可能性が高いとされています。詳細は「一つのシリーズで幅広いニーズに対応を。「Galaxy S10」シリーズにはエントリーモデルが追加かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズには「5G」に対応した特別モデルが存在していると予測されており、次期「Galaxy S10」シリーズすべてを「5G」に対応させてしまうと大幅に本体価格が上昇してしまうことからも、「5G」に対応したモデルは別にラインナップされると予測されています。詳細は「「5G」に対応は特別な存在に。「Galaxy S10」には「5G」に対応した特別モデルが存在しているって話。」をご参照下さい。

さて今回XDAによると、次期「Galaxy S10」シリーズは「5G」に対応した特別モデルを含めて、全部で「4モデル」構成になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



全部で「4モデル」構成に。

 

今回のXDAが発見した、次期「Galaxy S10」シリーズの内部コードが上記の画像になります。上記の画像を要約すると以下のようになります。

  • Beyond0: 「5.8インチ」モデル。サイドフレームに「指紋認証」を搭載。「シングルカメラ」の搭載。
  • Beyond1: 「5.8インチ」モデル。「Galaxy S9」の後継機種。「デュアルレンズカメラ」の搭載。
  • Beyond2: 「6.4インチ」モデル。「Galaxy S9+」の後継機種。「トリプルレンズカメラ」の搭載。「デュアルフロントカメラ」の搭載。
  • Beyond25G: 「Galaxy S10+」の「5G」モデル。「snapdragon855」と「Exynos」モデルの両方が存在に。

こんな感じになります。「Galaxy S10+」のみが「5G」対応モデルが存在することになり、「Galaxy S10+」が最上位モデルになると考えることができます。ただこの「5G」モデルは地域限定モデルになると予測されており、「Exynos」モデルは、韓国国内において「5G」の準備が整い次第、韓国のみで発売されるとしています。詳細は「5G対応の特別な「Galaxy S10+」。「韓国」限定での発売になるかもって話。」をご参照下さい。

また「snapdragon855」を搭載しているモデルは、準備が整い次第「アメリカ」で発売を開始する可能性があると予測しています。最先端の技術をいち早く搭載するSamsungですが、「5G」に関しては、機種本体のみではどうしようもないことからも、かなり慎重であると考えることができます。

正直、「2019年」中は「5G」は本当の元年といえる年で、対して普及するとは思えません。だからこそ、Samsungのように、「5G」対応モデルを別にラインナップにすることはかなり利口なのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧