最高のカメラは「地上」から「水中」へ。次期「Huawei Mate20 Pro」は新しい撮影モードを搭載にって話。

未だ新色を追加するなど根強い人気がある「Huawei P20 Pro」ですが、いよいよ「10月16日」に今年最高の機種になると予測されている「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」が正式発表されることが判明しており、そのデザインに関してもほぼ判明しています。詳細は「世界1位を目指して大きく動き出す。「Huawei」が「10月16日」に「Huawei Mate20 Pro」は正式発表へって話。」と「2つのモデルに「Huawei」の魅力を注ぎ込んで。「Huawei Mate20 Pro」の最終デザインが判明にって話。」をご参照下さい。

また先日リークした「huawei Mate20 Pro」の専用ケースからも「指紋認証」を背面に搭載していることを確認できないことからも「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されている可能性が非常に高く、一方で「イヤホンジャック」は廃止されている可能性が高いとされています。詳細は「時代の流れに逆らえずに。「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」はイヤホンジャックが廃止にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20」シリーズは、「録画モード」の機能に特化している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「録画モード」をより特化に。

 

さて今回の情報によると、「Huawei Mate20」シリーズは「水中」での撮影および、動画においての「ボケ」機能に対応する可能性が高いとしています。まず本体の「音量ボタン」において、「下」のボタンは「カメラ」を起動。そして「上」のボタンは「ビデオ」を起動と、それぞれショートカット機能が搭載されているとしています。

そして新しく「水中」での撮影に対応しているとしており、さらに「Huawei」が独自の防水ケースを開発している可能性が高いとしています。つまりこの「水中モード」は最新機種である「Huawei Mate20」シリーズのみの機能ではなく、その範囲は判然としませんが、アップデートの対象機種のすべてが対応すると考えることができます。

そして「ビデオ」機能が強化されており、「AI」と「ズーム」機能が組み合わさった新機能である「AIシネマモード」が搭載される可能性があると予測しています。この「AIシネマモード」により、録画でありながら「ボカシ」や「ヴィンテージ」など、まさにカメラでしかできなかったことを、ついにビデオでも対応するとしています。

ただ今回の新しい機能は、「Huawei Mate20 Pro」シリーズの発表時においては同時に発表される可能性が高いとしながらも、発売と同時に利用できるようになるかは判然としないとしています。つまり発売後のアップデートによって対応する可能性があるとしています。

ただ今回の情報が正しければ、「カメラ」に加えて「ビデオ」においても大幅に進化すると考えることができ、再び大きな注目を集める可能性が高いと考えることができます。現行で世界1位の評価を獲得している「Huawei P20 Pro」を「huawei Mate20 Pro」が抜くことができるのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!