• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 久しぶりに「10月」にイベントを開催へ。次期「iPad Pro」は別イベントで正式に発表へって話。

久しぶりに「10月」にイベントを開催へ。次期「iPad Pro」は別イベントで正式に発表へって話。

先日の情報からも「iSO12」のβ版の内部コードからも、次期「iPad Pro」は「Face ID」を搭載しており、さらに「ベゼルレスデザイン」を採用している可能性が非常に高いと予測されていますが、先日開催されたAppleのイベントにおいて、残念なことに新型「iPhone」と同時には発表されませんでした。詳細は「「Face ID」の搭載はもはや必然に。次期「iPad Pro」の専用ケースがリークしたって話。」をご参照下さい。

また先日リークしたCADを元に作成されたレンダリング画像からも、次期「iPad Pro」の本体サイズが判明しており、ベゼルレスデザインを採用することによって、本体がかなり小型化していることが判明しています。また合わせて先日には現行モデルとその大きさを比較したレンダリング画像も公開されています。詳細は「「iPad mini」の存在は不要に。次期「iPad Pro」と現行モデルのサイズを比較した画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「iOS12.1」のβ版の内部コードから、次期「iPad Pro」は今年中に発表される可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


今年中に発表へ。

 

さて今回の情報によると、「iOS12.1」のβ版の内部コードから、次期「iPad Pro」に関する新たな記述が判明したと報告しており、上記の画像が今回判明した画像になります。上記の画像からも、「iPad2018 Fall」という表記を確認することができます。

少なくとも「iPad」に2018年秋モデルが存在している可能性が高いと考えることができます。つまりAppleは「10月」にもイベントを開催し、正式に次期「iPad Pro」を発表する可能性が高いと考えることができます。

次期「iPad Pro」は「Face ID」や「ベゼルレスデザイン」の採用などフルモデルチェンジになることを考えれば、イベントなしのサイレントアップデートになる可能性は非常に低いと考えることができます。

10月にイベントが開催されれば、初代「iPad Pro」が発表された以来のイベントになります。またその存在が噂されている「13インチ」の「MacBook」も同時に発表される可能性があると考えることができます。詳細は「もう少しの辛抱。「Face ID」対応の「iPad Pro」や安価な「MacBook Air」が10月以降に登場へって話。」をご参照下さい。

次期「iPad Pro」の全貌はほぼ明らかになりつつありますが、直近の情報では「iOS」デバイスとして初の「USB-C」ポートに対応すると予測されており、さらに充電スピードが早くなること。そしてMacBookなどパソコンとの規格を揃えることによって、より複合的な使い方がしやすくなるなどのメリットがあると考えることができます。

先日開催されたイベントにおいても「Apple Watch series4」と「iPhone XS」と「iPhone XS Max」そして「iPhone XR」の発表で時間ギリギリだった印象です。このことからも「iPad Pro」たちが別のイベントで正式に発表されるのは妥当なのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧