時代の流れに逆らえずに。「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」はイヤホンジャックが廃止にって話。

今年正式発表される機種の中でもトップクラスのスペックを搭載すると予測されている「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」ですが、先日の情報からも、「Huawei」が「10月16日」にイギリスのロンドンで正式発表することを公表しており、特にAI機能を強化した「Kirin980」を搭載することからも、「AI」機能の強化が大きな特徴になると予測されています。詳細は「世界1位を目指して大きく動き出す。「Huawei」が「10月16日」に「Huawei Mate20 Pro」は正式発表へって話。」をご参照ください。

一方で、先日の情報からも、「7インチ」を超えるディスプレイを搭載した未発表の機種が中国の認証機関であるTENAAの認証を通過していることが判明しており、この機種は「Huawei Mate20」の派生モデルである「ポルシェデザイン」になると予測されており「10月16日」のイベントで同時に発表されると予測されています。詳細は「「Huawei」からの刺客。「Huawei Mate20」には「7.1インチ」の大型ディスプレイを搭載した派生モデルが存在しているかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20」シリーズの専用ケースがリークし、ついに「イヤホンジャック」が廃止された可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



専用ケースがリーク。

 

さて今回リークした「Huawei Mate20」シリーズの専用ケースとされている画像が上記の画像になります。まずは「Huawei Mate20」の専用ケースとなっており先日公開されたレンダリング画像と一致していることを確認することができます。

背面には「スクエア型」の「トリプルレンズカメラ」を搭載していること。そしてそのカメラレンズの下には「指紋認証」が搭載されていることを確認することができます。

一方で次に「Huawei Mate20 Pro」の専用ケースとされている画像が上記の画像になります。「Huawei Mate20」と同様に背面には「スクエア型」の「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができますが、大きな違いとしては「Huawei Mate20 Pro」は背面に「指紋認証」が搭載されていることを確認することができません。

つまり「有機ELディスプレイ」としては初となる「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されている可能性が高いと考えることができ、先日までの情報とも一致しています。詳細は「2つの世界初を搭載に。「Huawei Mate20 Pro」は「7nm」プロセッサーとディスプレイ統合型指紋センサーを搭載にって話。」をご参照下さい。

また今回のケースを通して両機種とも、本体右側に「電源ボタン」と「音量調節ボタン」が搭載されていることを確認することができ、さらに本体上部には「マイク」と「IRブラスター」が搭載されていることを確認することができます。

そして本体下部においては、「USB-Cポート」と左側に「マイク」を搭載していることは共通となりますが、「Huawei Mate20」は右側に「スピーカー」を、「Huawei Mate20 Pro」は「マイク」を搭載している可能性が高いと判断することができます。つまり「Huawei Mate20 Pro」に関しては、高い集音性マイクをアピールしてくる可能性が高いと考えることができます。

その正式発表まであと1ヶ月となりましたが、今後もまだまだ情報がリークしそうですよね。「Huawei P20 Pro」が日本で展開された以上、「Huawei Mate20 Pro」も日本で展開してほしいところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



最新情報をチェックしよう!