• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • SONYが赤字覚悟で思い切った価格設定を。「Xperia XZ3」は約9万円で購入可能にって話。

SONYが赤字覚悟で思い切った価格設定を。「Xperia XZ3」は約9万円で購入可能にって話。

先日の情報からも、「Xperia XZ3」はXperia初となる「有機ELディスプレイ」に加え、より洗練された「アンビエントフロー」に新たに採用されたインターフェイスである「サイドセンス」など、その全体的な評価が海外で非常に高いことが判明しています。詳細は「すべてのユーザー体験を変える最高のディスプレイを搭載に。「Xperia XZ3」は「Xperia」史上最高評価を獲得って話。」をご参照下さい。

またベースモデルにおいてこの評価であることを考えれば、「中国」や「台湾」で発売されるRAM「6GB」モデルや日本限定で発売されると予測されている「ストレージ128GB」モデルはさらに評価が高くなると考えることができます。詳細は「最高のスペックは選ばれた市場のみで。「Xperia XZ3」のRAM 「6GB」モデルは台湾より発売にって話。」と「「Xperia」史上初のスペックをドコモの独占に。ドコモ版「Xperia XZ3」は世界で唯一ストレージ「128GB」に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia XZ3」の「台湾」モデルの価格が判明し、地味に安いことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



思っていたより安いかも。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Sony Xperia XZ3 在中国台湾发布,10月开卖,定价 25,990 新台币(约合人民币5794元),值得一提的是这价格跟 OPPO Find X 在台售价一样[吃瓜],首发用户将获得 SBH56 蓝牙耳机、64GB 存储卡以及官方保护套 SCTH70。
中国大陆上市时间大约在10月中下旬,定价约在 4900-5100 之间,有没有首发礼等官方通 ​​

さて今回の投稿によると、「Xperia XZ3」での本体価格が「5794元」になるとされており、日本円で約「9万3000円」と従来の「Xperia」と同等の価格設定になっていることを確認することができます。少なくとも「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載していることからも、本体の原価コストは大幅に上昇していると考えることができます。

このことからも、かなりSONYは無理をした「価格」設定をしていると考えることもできます。もちろん販売地域によってその価格は変わると考えることができ、先日の情報からもヨーロッパ地域においては約「11万円」になっていることが判明しています。詳細は「「Xperia」復活への試金石。「Xperia XZ3」は「10月5日」より約「10万円」で発売を開始するって話。」をご参照下さい。

また今回の投稿によれば「SBH56」などの購入特典が付属するとしており、さらにお買い得感が増します。日本でも「Xperia XZ3」が展開されることに間違いはありませんが、やはり購入特典および予約特典は付属しないと考えることができます。

ヨーロッパ地域の発売日が「10月上旬」であることからも、「中国」などアジア地域は「9月下旬」になる可能性が高いと予測されていましたが、今回の投稿によれば「中国」では「10月中旬」以降の発売であるとしています。ただ「台湾」モデルの価格が判明していることからも、「台湾」での発売は「中国」よりは早いと考えることができます。

例年であれば、「10月中旬」に各キャリアが新製品発表会を開催すると考えることができます。このことからも「Xperia XZ3」は早くて「10月下旬」以降に発売開始といったところでしょうか。日本でも抑えめな価格設定に期待したいところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧