• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • すべての始まりは「Xperia XZ3」から。SONYは次期「Xperia」で「ベゼルレスデザイン」の採用を目標としているって話。

すべての始まりは「Xperia XZ3」から。SONYは次期「Xperia」で「ベゼルレスデザイン」の採用を目標としているって話。

「2K」の表示解像度に、初の「有機ELディスプレイ」の搭載。しかも「ブラビア」に採用されている技術をそのまま「Xperia XZ3」に移植したとされていうこともあり、「Xperia XZ3」の「ディスプレイ」の評価は過去最高を獲得していることが判明しています。詳細は「すべてのユーザー体験を変える最高のディスプレイを搭載に。「Xperia XZ3」は「Xperia」史上最高評価を獲得って話。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia XZ3」は特出したスペックやデザインを採用しているわけではありませんが、先日の情報からも、「最新」かつ「最初」のアンチ「Xperia」ユーザーを虜にする機種だと、「ディスプレイ」だけではなく、その機種全体としてかなりの高評価を獲得していることが判明しています。詳細は「「最新」にして「最初」の機種に。「Xperia XZ3」はアンチ「Xperia」ユーザーを虜にする最初の機種にって話。」をご参照下さい。

さて今回ePriceによると、SONYは最終的に「Xperia」にベゼルレスデザインの採用を目標としていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「ベゼルレスデザイン」を採用に。

 

さて今回の情報によると、SONYは以下のことを示唆したと投稿しています。

Digital Trends同樣在初步評測報告當中指出,SONY 毫無疑問為手機放入了最佳螢幕,同時強調SONY終於想通要朝著無邊框手機這個正確的方向邁進。而該款手機大聲的 S-Force 立體聲揚聲器是值得被稱讚的,因此根據編輯群的統計,也給出了 EDITOR’S CHOICE 的 BEST OF IFA 2018。

今回の投稿によると、SONYは「Xperia」にステレオスピーカーなどの「エンタメ」機能の強化をより注力していくとしており、さらに「サイドセンス」機能から見るように、次期「Xperia」に「ベゼルレスデザイン」を採用することを最終目標としているとしています。

確かに「サイドセンス」機能は、「Edge」スタイルを採用しているからの機能であって、「Xperia XZ2」と比較しても「Xperia XZ3」はさらにベゼルのスリム化が進んでいることを確認することができます。

少なくともSONYは「Xperia」に「サイドセンス」を搭載する以上、次期「Xperia」においても「湾曲した有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと考えることができます。そしてステレオスピーカーなど、フロント部分に搭載されている機能をより、狭いベゼルにどう搭載させるかが今後のSONYの課題だと考えることができます。

先日の情報からもSONY自体が「アンビエントフロー」を失敗だと認めており「Xperia XZ4」ではデザインが再設計される可能性が高いと予測されています。詳細は「アンビエントフローは失敗だと認めた。来年登場する次期「Xperia XZ4」でデザインを再設計へって話。」をご参照下さい。

ただこの情報はあくまでも「Xperia XZ2」シリーズの時の話であって、「Xperia XZ3」は「アンビエントフロー」含めて非常に高評価を獲得しています。SONYは「Xperia」にバランスを最も求めているからも、急激に「ベゼルレスデザイン」化が進むとは考えにくいです。ただ、世代を重ねるごとに、「Xperia XZ3」のように洗練されたデザインを採用していき、そして最終的に「ベゼルレスデザイン」が採用されると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧