• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「Xperia」を彷彿させるデザインを。次期「Galaxy」はサイドフレームに「指紋認証」を搭載にって話。

「Xperia」を彷彿させるデザインを。次期「Galaxy」はサイドフレームに「指紋認証」を搭載にって話。

先日の情報からも来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズは、「Galaxy」として初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高いと予測されており、特にプレミアムモデルである「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「超音波式」の「指紋センサー」を搭載すると予測されています。詳細は「世界最先端の技術を採用して。「Galaxy S10」は第三世代の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方でこの「ディスプレイ統合型指紋センサー」は今後「Galaxy」の標準スペックになる可能性が高いとされており、「ハイエンドモデル」だけではなく、「ミドルレンジモデル」にもは幅広く採用される可能性が高いと予測されています。詳細は「その搭載は必然に。「ディスプレイ統合型指紋センサー」は「Galaxy S10」シリーズ以外にも搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy」には「Xperia」を彷彿させるように「サイドフレーム」に「指紋認証」を搭載させる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



サイドフレームに搭載に。

Samsungは初めて「Galaxy」に「指紋認証」を搭載した時は「ホームボタン」に統合され、それ以降はインフィニティディスプレイの採用によって、背面に移動、そして「Galaxy S10」シリーズにおいてついに「ディスプレイ」にという流れをたどっていますが、今回の情報によると、次期「Galaxy」は過去の「Xperia」のように「サイドフレーム」に「指紋認証」を搭載する可能性が高いとしています。

ただ今回の情報では、どの「Galaxy」に採用されるのか判然としない状況にあるとしています。ただ「ハイエンドモデル」ではなく「ミドルレンジモデル」に。そしてその中でも可能性が高いのは「Galaxy A8」になる可能性があるとしています。

「サイドフレーム」に「指紋認証」を搭載する最大のメリットは、やはりシームレスなデザインを採用することができることだとしています。確かに「ハイエンドモデル」は「Edgeスタイル」を採用していることからも、「サイドフレーム」は非常に細く、ほぼ搭載が不可能な状態となっており、やはり「ミドルレンジモデル」への搭載が確実だと考えることができます。

そして何より現行の「Galaxy」は、「カメラレンズ」の隣接した場所に搭載されており、非常に評判が悪いです。サイドフレームに統合することによって、この問題は無事解決することができますよね。

「ディスプレイ統合型指紋センサー」は、現状の段階では、非常に原価コストが高いとされており、初期の段階においては「ハイエンドモデル」への搭載が必然になります。だからこそ、価格を抑えめにする必要性がある「ミドルレンジモデル」の中でも、さらに「スペック」が抑えめのシリージには「サイドフレーム」に統合することでより原価コストを下げようとしているとも考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧