• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「非常に重要な」設計の変更を。次期「Galaxy S10」シリーズはデザインが大きく変更されるかもって話。

「非常に重要な」設計の変更を。次期「Galaxy S10」シリーズはデザインが大きく変更されるかもって話。

先日の情報からも、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、「snapdragon855」を搭載することによって、「5G」に対応するとされていますが、原価コストが大幅に上昇してしまうため「Galaxy S10」シリーズに「5G」に対応した特別モデルが登場する可能性が高いと予測されています。詳細は「「5G」に対応は特別な存在に。「Galaxy S10」には「5G」に対応した特別モデルが存在しているって話。」をご参照下さい。

一方で、「Galaxy S10」シリーズ、特に「Galaxy S10+」は「Galaxy」として初の「デュアルフロントカメラ」そして初の「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されており、それこそ最新機種である「Galaxy Note9」は「huawei P20 Pro」にはおよびませんでしたが、「Galaxy S10」シリーズにおいては、さらに高次元のカメラを搭載すると考えることができます。詳細は「Samsungのすべてを結集した「Galaxy Note9」でも及ばない。「Huawei P20 Pro」のカメラは尋常じゃないって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズは非常に重要な設計変更が施されることが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「非常に重要な」設計変更に。

 

さて今回の情報によると、Samsungモバイルの最高責任者が次期「Galaxy S10」では、非常に重要な変更が施されることを認めたとしており、次期「Galaxy S10」シリーズでは「デザイン」が刷新される可能性が高いと考えることができます。今回の情報によれば、「Galaxy S9」シリーズにおいても「Galaxy Note9」においても、幹部が期待するほどのデザインやスペックの変更が行われず失敗に終わったとしています。

ただ先日の情報と真逆の情報となっており、先日には「Galaxy S10」シリーズはデザインの刷新が行われない可能性が高いとされています。詳細は「「Samsung」が「Hauwei」に敗北する大きな要因に。「Galaxy S10」シリーズはデザインの刷新が行われずって話。」をご参照下さい。

また同氏によると、「Galaxy S10」シリーズでは「素晴らしい色」があると発言しており、先日の情報通り、「グラデーションカラー」を採用している可能性が高いと考えることができます。詳細は「Samsungがついにライバル扱いに。「Galaxy S10」は「Huawei P20 Pro」のようなグラデーションカラーを採用にって話。」をご参照下さい。

先日公開された特許からも、Samsungは「フルスクリーン」デザインの採用を目指しており、現行の「Galaxy S9」シリーズや「Galaxy Note9」よりもさらに「ベゼル」のスリム化が進行すると考えることができます。

少なくとも先日の情報からも来年の「1月」に正式発表が予測されているので、「デザイン」「スペック」において最終段階に入っていると考えることができます。非常に重要な変更。それはユーザーが期待するデザインの刷新なのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧