• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「Huawei」からの刺客。「Huawei Mate20」には「7.1インチ」の大型ディスプレイを搭載した派生モデルが存在しているかもって話。

「Huawei」からの刺客。「Huawei Mate20」には「7.1インチ」の大型ディスプレイを搭載した派生モデルが存在しているかもって話。

IFAのイベントの時の案内通り、「Huawei」は「10月16日」にイギリスのロンドンで正式にイベントを開催することを正式に発表し、「AI」機能がより強化された「Kirin980」を搭載した「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」を正式発表すると予測されています。詳細は「世界1位を目指して大きく動き出す。「Huawei」が「10月16日」に「Huawei Mate20 Pro」は正式発表へって話。」をご参照下さい。

またこの「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」のレンダリング画像に加え、先日には「huawei Mate20 Pro」の実機画像も多々リークしており、そのデザインは判明しつつあり、同シリーズでありながら異なるベゼルレスデザインを採用していることが判明しています。詳細は「2つのモデルに「Huawei」の魅力を注ぎ込んで。「Huawei Mate20 Pro」の最終デザインが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」は「7.12インチ」の液晶を搭載した新機種を近々正式発表する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Mate20」の派生モデル?

 

さて今回の情報によると、中国の認証機関であるTENAAにおいて、「Huawei」の未発表モデルである「ARS-TL00」および「ARS-AL00」が認証を通過したことが判明したとしています。ちなみに本体カラーも判明しており、「ARS-TL00」が上記の画像から確認できるように「ブラック」モデル。そして後者が「ホワイト」モデルであることが判明しています。

また今回に認証情報によると、同モデルは「1080×2244」の「液晶」を搭載しており、そのディスプレイサイズは「7.12インチ」と「Honor 8X Max」と同等の大きさになるとしています。またHonor 8X Max」と異なるのが「1.8Ghz」のクロック数で動作する「snapdragon636」を搭載していますが、今回の「Huawei」のモデルは「1.9Ghz」で動作することが判明しています。ただ搭載CPUに関しては判然としない状況にあります。

他には「Android8.1」を搭載しており、RAMが「4GB」そして、ストレージが「64GB/128GB」の2つのモデルが存在していることが判明しているとしています。また上記の画像からも「背面」中央に「指紋認証」を搭載していることを確認することができます。

さらに「Huawei Mate20」と同様に「水滴」状の「ノッチ」を採用したベゼルレスデザインを採用していることも確認することができます。残念なことに今回の情報では機種名には言及しておらず、「Huawei Mate20」シリーズの派生モデルなのか、それとも別のラインなのか判然としない状況にあります。

少なくとも「フロント」部分においては「Huawei Mate20」に似ており、背面を見る限りは「Huawei P20」シリーズに似ており、ちょうど組み合わせたようなデザインを採用しています。ただ今回情報にあるようにTENAAの認証を通過していることを考えれば、発表までそんな遠い未来ではないと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧