Samsungがついにライバル扱いに。「Galaxy S10」は「Huawei P20 Pro」のようなグラデーションカラーを採用にって話。

一部情報によると、例年より早く1月に正式発表が予測されている「Galazy S10」シリーズですが、従来の「S」シリーズと異なり「3モデル」構成になることが判明しています。また「Galaxy S10+」は「トリプルレンズカメラ」や「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するなど、かなりスペックが強化されると予測されています。詳細は「「Huawei P20 Pro」に強く対抗意識を。「Galaxy S10」のトリプルカメラのスペックの一部が判明にって話。」をご参照下さい。

一方で、大幅なスペックの強化とは別に、かなり気になるのが、そのデザインですが、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、「Galaxy S9」シリーズから大きなデザインの変更がない可能性が高いと予測されており、「3世代」にわたって同様のデザインを採用すると考えることができます。詳細は「「Samsung」が「Hauwei」に敗北する大きな要因に。「Galaxy S10」シリーズはデザインの刷新が行われずって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズは「Huawei P20 Pro」のような「グラデーションカラー」を採用する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



悪くいえばまたパクリ?

 

さて今回の情報によると、「Galaxy S10」シリーズでに5つの新しい本体カラーを準備している可能が高いと報告しています。そしてこの新色の中には「Huawei P20 Pro」の「トワイライト」のような「グラーデーションカラー」を採用している可能性が高いとしています。

また「Galaxy Note9」のSペンの「Bluetooth」対応など見事的中させたIce universe氏も自身のTwitterにおいて、次期「Galaxy S10」シリーズで「グラデーションカラー」を採用していることを示唆しています。

少なくとも「Huawei」が先日新たに「オーロラ」を追加したことからも「グラーデーション」カラーが人気があることに間違いはありません。詳細は、「人気をさらに後押し。「Hauwei P20 Pro」の新色4色は「9月5日」より発売開始って話。」をご参照下さい。

今回の情報によると、Samsungは「Huawei」のカラーオプションをコピーするのではなく、Samsung独自の色合いを出すための参考程度に留める可能性が高いとしています。ただ、なんだかんだパクリに近いカラーオプションになると考えることもできます。

本体カラーは、ユーザーが選択する上でも非常に重要な要素になりますが、Samsungはもともと「Galaxy」シリーズに多彩な本体カラーを提供しています。グラデーションカラーを「Galaxy 」シリーズが採用することによって、ユーザーがどのような評価をするのか判然としませんが、仮に「Samsung」が採用した頃には、「Huawei」はさらに一歩進んだ本体カラーを採用してそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 価格に合わせた相応のスペックを。「Galaxy S10」シリーズは2種…

  2. 10周年という特別な年に特別な意味を込めて。「Galaxy Note1…

  3. 「Galaxy S10」は超音波式「指紋センサー」を採用でディスプレイ…

  4. また持ち越し。「Galaxy X」で初の「ディスプレイ統合型指紋センサ…

  5. やはり。「Galaxy X」はCES2018で関係者のみに公開されたっ…

  6. あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超…

  7. 「Galaxy S10」のコードネームが判明に?ただデザインとスペック…

  8. 「Galaxy S9」で「S」シリーズは終了へ。来年から「Galaxy…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. 2018

  2. 2018

  3. Xperia

  4. 2018

  5. 2018