• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • ディスプレイの大幅な強化でも「電池持ち」の改善に成功。「Xperia XZ3」は「Xperia XZ4 premiumの常時「4K」への布石にって話。

ディスプレイの大幅な強化でも「電池持ち」の改善に成功。「Xperia XZ3」は「Xperia XZ4 premiumの常時「4K」への布石にって話。

先日の情報からも、グローバルモデルにおいて、「中国」や「台湾」などではRAM「6GB」モデルが展開されると予測されている「Xperia XZ3」ですが、先日の情報からも、「ドコモ」モデル限定で、ストレージが「Xperia」初となる「128GB」になると予測されています。詳細は「最高のスペックは選ばれた市場のみで。「Xperia XZ3」のRAM 「6GB」モデルは台湾より発売にって話。」と「「Xperia」史上初のスペックをドコモの独占に。ドコモ版「Xperia XZ3」は世界で唯一ストレージ「128GB」に対応かもって話。」をご参照下さい。

一方で基本スペック以上に大きな注目を集めているのは、やはり大幅な強化が施されている「ディスプレイ」であり、先日の情報からも、歴代「Xperia」において過去最高の評価を獲得していることが判明しています。詳細は「SONYは「4K」だけじゃないことを証明した。「Xperia XZ3」の「有機ELディスプレイ」は過去最高評価を獲得したって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaが「Xperia XZ3」のバッテリーテストの結果を公開しており、「2K」に「有機ELディスプレイ」を搭載している割には、かなりの好成績を残していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



かなりの好成績に?

 

さて今回同サイトが公開した「Xperia XZ3」のバッテリーテストの結果が上記の画像となっています。トータルスコアが「90」となっているこを確認することができます。ただこのままだとピンとこないので歴代「Xperia」の一部と比較すると以下のようになります。

  • Xperia XZ1 Compact:108
  • Xperia XA1 Plus:102
  • Xperia Z3 Compact:101
  • Xperia XA2 Ultra:100
  • Xperia XA2:92
  • Xperia XZ3:90
  • Xperia XZ2:89
  • Xperia XZ2 Compact:88
  • Xperia Z3:85

直近の「Xperia XZ2」シリーズと比較しても、トータルスコアは僅かながら「Xperia XZ3」のほうが上回っていることを確認することができます。「有機ELディスプレイ」を搭載したことが大きな影響なのか、表示解像度を「2K」に大幅に強化しているにも関わらず「Xperia XZ2」シリーズより好成績なのは、かなり優秀、つまり電池持ちが改善したと考えることができます。

「Xperia XZ1」シリーズと比較して大型バッテリーを搭載した「Xperia XZ2」シリーズですが、「Xperia XZ2」では僅かながらの改善に。そして「Xperia XZ2 Compact」は「Xperia XZ1 Compact」に完敗などいまいちぱっとしない状況にありました。

しかしながらほぼ条件が変わらず、むしろディスプレイが大型化している「Xperia XZ3」のほうが不利に見える中、よく「90」の好スコアを残したと考えることができます。この調子だとかなり電池持ちが悪いと言われた「Xperia XZ premium」などとは異なり、次期「Xperia XZ4 premium」の電池持ちの改善に期待できると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧