最高の「ディスプレイ」は不具合対策も万全に。「Xperia XZ3」はディスプレイの焼き付け防止もしっかり施されているって話。

SONYがグループ会社の最大の強みを活かして、「Xperia XZ3」には、「ブラビア」に採用している「有機ELディスプレイ」の技術が移植されており、「2K」の表示解像度に加え、その「ディスプレイ」は過去最大評価を獲得していることが判明しています。詳細は「SONYは「4K」だけじゃないことを証明した。「Xperia XZ3」の「有機ELディスプレイ」は過去最高評価を獲得したって話。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia XZ3」は「台湾」や「中国」などでRAM「6GB」とスペック強化版が地域限定が展開される可能性が高いと予測されている中、先日の情報では、日本の「ドコモ」が展開するモデルは、世界で唯一ストレージ「128GB」に対応した特別モデルである可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia」史上初のスペックをドコモの独占に。ドコモ版「Xperia XZ3」は世界で唯一ストレージ「128GB」に対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「有機ELディスプレイ」特有の問題である「焼き付け」に対して「Xperia XZ3」はしっかり対策が施されていると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



不具合対策もしっかりに。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

为防止 OLED 烧屏(其实一些 LCD 屏幕也会烧),所以 Xperia XZ3  AOD 常亮界面图案会隔一段时间换个位置,虚拟键位会偏移并在一段时间不用时变暗。

さて今回投稿されていた内容によると、「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」の焼き付けの不具合を防ぐために、スクリーンパターンが常時変更される仕様になっているとしています。画像で見ると以下のようになります。

まず1枚目の画像を確認すると「時計」の表示場所が、ディスプレイ上部に表示されていることを確認することができます。

そして2枚目を確認すると、「時計」の表示場所が「ディスプレイ」中央に移動していることを確認することができます。この表示パターンがユーザーが任意に設定できるのか、それとも「Xperia」自体が自動的に判断しているのか判然としませんが、「有機ELディスプレイ」の最大の不具合に対してしっかりと対策を行なっていると考えることができます。

仮に自動的に表示パターンを切り替えているのであれば、日本人らしく、非常にこまめな気遣いを「Xperia XZ3」から感じることができます。先日の情報からも「Xperia XZ3」の本体価格が判明していますが、「10万円」を超えるなど決して安い価格ではないからこそ、できるだけ不具合に直面したくないですよね。詳細は「「Xperia」復活への試金石。「Xperia XZ3」は「10月5日」より約「10万円」で発売を開始するって話。」をご参照下さい。

「Xperia」のハイエンドモデルとしては初の「6.0インチ」の大型ディスプレイを搭載しており、やはり「ディスプレイ」の強化を全面に押し出した機種であるからこそ、「ディスプレイ」の不具合対策も万全であると考えることができます。発売が待ち遠しいですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「XZ3」も「XZ2 premium」も望まれた存在ではない。「Xpe…

  2. 瓜二つの「Xperia XZ3」と「Galaxy S9+」。デザインの…

  3. すべて目に見えないものにどう期待しろと。「Xperia XZ3」の「5…

  4. 「最新」にして「最初」の機種に。「Xperia XZ3」はアンチ「Xp…

  5. 「Xperia XZ3」は「XZ」シリーズの一つの完成形に。「Xper…

  6. 最高のスペックは選ばれた市場のみで。「Xperia XZ3」のRAM …

  7. その実力を試したくなる。「Xperia XZ3」が「Expansys」…

  8. 「Xperia」史上初のスペックをドコモの独占に。ドコモ版「Xperi…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. 2018

  2. Xperia

  3. 2018

  4. 2018

  5. 2018