• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「スペック」の大幅な進化はIFA2019まで持ち越しに。「Xperia XZ5 premium」でRAM「8GB」ストレージ「512GB」に対応かもって話。

「スペック」の大幅な進化はIFA2019まで持ち越しに。「Xperia XZ5 premium」でRAM「8GB」ストレージ「512GB」に対応かもって話。

先日の情報からも、来年の1月に正式発表される可能性が高いと予測されている次期「Xperia XZ4」シリーズですが、「5G」に対応した初の「Xperia」に搭載する可能性が高い一方で、かなり情報が錯綜しており、派生モデルである「Xperia XZ4 compact」と「Xperia XZ4 premium」が同時に発表されるのか判然としない状況にあります。詳細は「意外と安い「5G」の利用料金。SONYは「ドコモ」と「ソフトバンク」が「5G」サービス開始に合わせて「Xperia XZ4」を1月に発表って話。」をご参照下さい。

先日には「Xperia XZ4 premium」は「6.5インチ」の「4K OLEDディスプレイ」を搭載すると予測されており、さらに「デュアルレンズカメラ」を2つ搭載する可能性があると予測されている中、来年の同時期であるIFA2019まで発表されないとの情報もあります。詳細は「すべてが手遅れになる1年という期間。次期「Xperia XZ4 premium」はIFA2019に正式発表にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、来年の後半に登場する次期「Xperia」では大幅にスペックが強化される可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



スペックが大幅に強化に。

 

「ディスプレイ」に関しては、少なくとも大幅に強化された「Xperia XZ3」ですが、基礎スペックに関してはかなり物足りなさがある中、今回投稿されていた内容は以下のようになります。

hen at IFA: XZ5c, XZ5 and XZ5P with new dual cam . Premium with 8 + 256, the other 6 + 128. 

今回の投稿によると、「Xperia XZ5」、「Xperia XZ5 premium」、そして「Xperia XZ5 compact」は新しい「デュアルレンズカメラ」を搭載するとした上で、「Xperia XZ5 premium」に関してはRAM「8GB」でストレージが「256GB」になるとしており、それ以外の「Xperia XZ5」と「Xperia XZ5 compact」に関してはRAM「6GB」でストレージが「128GB」になるとしています。

先日の情報からも、コスト削減のため、RAMなど、基礎パーツを大量仕入れしていることが、「Xperia」のスペックアップを遅らせている大きな要因になるとされています。詳細は「コスト削減が「Xperia」の進化を阻む。SONYはようやく「Xperia XZ4」でストレージ「128GB」を搭載かって話。」をご参照下さい。

今回の情報が正しければ、約1年で「Xperia」のスペックは大幅に強化されると考えることができます。ただだいぶ先の話になるので、「Xperia XZ3」の販売状況や、「Xperia XZ4」の状況によっては変更される可能性が高いと考えることができます。

他社のAndroid機種のスペックがどんどん強化されていく中、「Xperia」のスペックはかなり見劣りしており、このままでは他社の「ミドルレンジモデル」と同等もしくはそれ以下となっています。やはり「4K」や「ハイレゾ」など目立った機能も必要ですが、それを動かすには基礎スペックが非常に重要になります。SONYが今後どのような対応をするのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧