• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • まさかの数量限定での発売に。次期「6.1インチ」の新型「iPhone」の正式名称は「iPhone Xr」にって話。

まさかの数量限定での発売に。次期「6.1インチ」の新型「iPhone」の正式名称は「iPhone Xr」にって話。

「12日」に発表が予測されている「iPhone XS」シリーズですが、先日の情報からも「公式プレス」画像がリークしており、さらに超精細なレンダリング画像も公開されていることが判明しており、「ゴールド」モデルが復活する可能性が高いと予測されています。詳細は「技術的困難を乗り越えて。次期「iPhone XS」と「iPhone XS Plus」のゴールドモデルの公式プレス画像が判明にって話。」と「「iPhone8」のデザインの良さをさらに引き立てて。「iPhone XS」のゴールドモデルの超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、同時に発表されると予測されている「iPhone9」ですが、先日には「モックアップ」画像がリークしており、事前情報通り、「iPhone XS」シリーズとは異なる本体カラーを採用する可能性が高いとされています。詳細は「今年最も売れる「iPhone」の全貌が明らかに。「iPhone9」は彩りがはこんな感じにって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、この「iPhone9」と呼ばれている「6.1インチ」の新型「iPhone」の正式名称は「iPhone Xr」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



正式名称が判明に。

 

さて先日には「Apple」のイベントの招待状が正式に配布されていますが、そのイベントでは何が発表されるかはもちろん判然としない状況にあります。その中でも事前情報においては、新型「Apple Watch」や新型「iPad Pro」が発表されると予測されている中、最も注目株なのは、3つの新型「iPhone」となっています。

今回の情報によると、5色展開で、エントリーモデルの立ち位置になると予測されている新型「iPhone」は、「数量限定」になるとされており、さらにAppleはこの新型「iPhone」を「iPhone Xr」と呼称しているとしています。ただ今回の情報では「なぜ「R」なのか判然としない状況にあるとしています。

また今年登場する新型「iPhone」の中で、価格が安いことからも、最も売れるとされている「iPhone Xr」がなぜ「数量限定」であるのかも非常に気になるところです。仮に「数量限定」であるのであれば、早期入手は必然と考えることができます。

先日までの情報では、この「iPhone Xr」の発売は「10月」にずれ込むと予測されていました。詳細は「控えめの「スペック」と「デザイン」のバランスは絶妙に。「iPhone9」の発売時期は10月にずれこむって話。」をご参照下さい。ただ今回の情報では、直近までこの「iPhone Xr」は「液晶」と「バックライト」を接続する際の問題を抱えていたとされており、この原因は「iPhone X」と同様のベゼルレスデザインを採用している可能性が高いからと予測されています。

ただ新しい「液晶」技術を採用することによってこの問題をすでに解決している可能性が高いとされていることからも、「iPhone Xr」の発売時期は当初の予測である「10月」までずれこまない可能性があると考えることができます。発表まであと数日です。事前情報がどこまで正確なのか。早く答え合わせしたいですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧