• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「6.9インチ」の大きさが負担にならない。「Huawei Mate20 Pro」のモックアップ画像が公開にって話。

「6.9インチ」の大きさが負担にならない。「Huawei Mate20 Pro」のモックアップ画像が公開にって話。

「Huawei」の正式案内からも「10月16日」に「イギリス」で開催されるイベントにおいて「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」は正式に発表されることが判明していますが、特に「Huawei Mate20 Pro」においては「7nm」プロセスルールを採用した「Kirin980」を搭載し、さらに「有機ELディスプレイ」としては世界初となる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「2つの世界初を搭載に。「Huawei Mate20 Pro」は「7nm」プロセッサーとディスプレイ統合型指紋センサーを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日には「Huawei Mate20  Pro」の実機画像に加え、「Huawei Mate20」シリーズの超精細なレンダリング画像まで公開されて大きな話題となっています。詳細は「正式発表は「10月16日」に確定した直後に「Huawei Mate20 Pro」の実機画像がリークしたって話。」と「2つのモデルに「Huawei」の魅力を注ぎ込んで。「Huawei Mate20 Pro」の最終デザインが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei Mate20 Pro」のモックアップ画像がリークし、やはり「ノッチ」スタイルを採用したベゼルレスデザインを採用していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



モックアップ画像がリーク。

 

さて今回公開された「Huawei Mate20 Pro」のモックアップ画像が上記の画像になります。先日までの情報通り、「iPhone X」のような「ノッチスタイル」を採用しており、さらに「Galaxy S9」のような「Edgeスタイル」を採用していることを確認することができます。

先日の情報からも「Huawei Mate20 Pro」は「6.9インチ」の「2K」に対応した「有機ELディスプレイ」を搭載している可能性が高いと予測されていますが、「Edgeスタイル」を採用することによって、サイドフレームが薄くなり、そのディスプレイサイズ以上に持ちやすい可能性が高いと考えることができます。詳細は「「6.9インチ」の大型ディスプレイを確定に。「Hauwei Mate20 Pro」は「2K」のアスペクト比「18.7:9」にって話。」をご参照下さい。

また「ノッチスタイル」を採用していることからも「ノッチ」部分に「生体認証」を搭載している可能性が高いと予測されている中で、「Huawei Mate20 Pro」は「3D」に対応した「顔認証」を搭載している可能性が高く、セキュリティー面でも大幅に強化されている可能性が高いとされています。詳細は「「Face ID」に匹敵する3D顔認証を搭載に。「Hauwei Mate20 Pro」のフロントパネルがリークしたって話。」をご参照下さい。

少なくとも先日リークした「Huawei Mate20」の予約ページからも、その本体価格は「10万円」程度になるとされていることから、「Huawei Mate20 Pro」は最悪の場合「14万円」程度になる可能性があると予測されています。その本体価格含めて、正式発表がたのしみですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧