• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • 新体制のSONYの判断は英断となるか。やはり「Xperia XZ3」は「Xperia XZ2A」として発表される予定だったって話。

新体制のSONYの判断は英断となるか。やはり「Xperia XZ3」は「Xperia XZ2A」として発表される予定だったって話。

その「ディスプレイ」の進化はめまぐるしく、「2K」に「有機ELディスプレイ」の搭載など、カタログスペック以上に「ブラビア」で採用されている技術が惜しみなく詰め込まれている「Xperia XZ3」ですが、先日の情報からも、なみいる競合機種を押しのけて「ディスプレイ」は過去最高評価を獲得していることが判明しています。詳細は「SONYは「4K」だけじゃないことを証明した。「Xperia XZ3」の「有機ELディスプレイ」は過去最高評価を獲得したって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からもIFAでは「Xperia XZ3」は派生モデルである「Xperia XZ3 Compact」と「Xperia XZ3 premium」と同時に発表されると予測されていましたが、実際には発表されず、それはそのはず、「Xperia XZ3」自体が「Xperia XZ3」として開発されていなかったことが判明しています。詳細は「「XZ3 Compact」も「XZ3 premium」も存在しない理由。「Xperia XZ3」は「Xperia XZ2」の派生モデルだったからって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、4月から新体制となったSONYが唯一の判断として今回発表された「Xperia」の名称を「Xperia XZ3」に変更したことが判明したと投稿されているので簡単にまとめたいと思います。



やはり名称が違った。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

The change of name from XZ2A to XZ3 was the decision of the new administration. It seems to be the only thing

今回の投稿によると、「Xperia XZ3」は先日の情報通り「Xperia XZ2A」として開発されていたとしています。その上で4月から新体制となったSONYが唯一判断したのが、先日を発表された「Xperia XZ3」の名称を「Xperia XZ2A」から「Xperia XZ3」に変更したことだとしています。

つまり「Xperia XZ3」は先日の情報通り「Xperia XZ2」の派生モデルとして4月以前より開発が進められていたと考えることができます。このことを考えると、先日リークしたFCCの認証情報からも「Xperia XZ3 Compact」と「Xperia XZ3 premium」と予測されている機種は、もともと今年に登場する予定はなく、来年に登場する次期派生モデルとしてすでに開発が進められていたと考えることができます。

年末商戦の命運を占うIFAにおいて「Xperia XZ3」一機種ではちょっと物足りなさを感じますが、少なくとも「Xperia XZ2A」として発表するよりはまだマシだと考えることができます。

ただ「Xperia XZ3」に名称を変更した理由は「Xperia XZ2」シリーズの販売不振の影響を受けてなのか判然としませんが、今回の名称のように、販促スケジュールやマーケティング戦略をこまめに変更している可能性が高いと考えることができます。先日の情報では「Xperia XZ4」は1月に登場すると予測されています。詳細は「「Xperia Z5」シリーズ以来の革命を。「Xperia XZ4」は3モデル構成でやはり同時に発表へって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧