完全なベゼルレスデザインを目指して。2020年に登場する次期「iPhone」で「Touch ID」が復活かもって話。

昨年発売された「iPhone X」から初めて搭載された「Face ID」ですが、「3D顔認証」となっており、Appleとしては相当な自信を持っている一方で、実際ユーザーから「認証精度」の面であまり評判がいいとは言えない状況にあります。ただ先日の情報からも今月の「12日」に発表が予測されている新型「iPhone」、そのすべてに採用されるなど、「Touch ID」は完全に廃止されると考えることができます。詳細は「RAM「4GB」にストレージ「512GB」を。「iPhone XS Plus」は最高の「スペック」と最高の「価格」で登場にって話。」をご参照下さい。

一方で、この流れは、「iPad」にも波及すると予測されており、「iOS12」のβ版からも次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載する可能性は非常に高いと予測されており、先日には、CADを基に作成されたレンダリング画像が公開されていますが、このレンダリング画像においても「Face ID」が搭載されていることが確認されています。詳細は「過去最大級のアップデートに。次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、2020年に登場が予測されている次期「iPhone」では「Touch ID」が復活する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Touch ID」が復活に。

 

さて今回Appleの情報に精通しているMing-Chi Kuo氏の最新のレポートによると、少なくとも「2019年」に登場する次期「iPhone」まで「Touch ID」が復活することはないと報告しています。この場合の「Touch ID」とは従来の物理式ではなく、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」と同様に「ディスプレイ統合型指紋センサー」のことをさしています。

同氏によれば、2019年において「ディスプレイ統合型指紋センサー」の成長率は「500%」を超えるとされており、直近の情報においても「Galaxy S10」に加え、「Hauwei Mate20 Pro」などがすでに搭載されると予測されており、搭載機種が徐々に拡大していくと考えることができます。ただこの状況の中でもAppleは「iPhone」に搭載することはないとしています。

「iPhone X」が正式発表する前は、「ディスプレイ統合型指紋センサー」が採用されると予測されていましたが、実際にはAppleは「ディスプレイ統合型指紋センサー」の開発を否定しています。またAppleは最先端技術をいち早く搭載することより、その技術がある程度成熟し、さらに部品コストが下がったタイミングで搭載するほうを優先する可能性が高いとしています。このことからも市場的にまだ黎明期である「2019年」に採用するのではなく、「2020年」に搭載する可能性が高いと考えられています。

今回の情報では、「Touch ID」の復活によって、「Face ID」が並存するのか、廃止になるのか判然としません。ただ「Face ID」を廃止することができれば、「ノッチ」スタイルを廃止し、真のベゼルレスデザインに近くと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2018年登場。「iPhone」から「iPad」、「Apple Wat…

  2. 積極的な価格設定に。新型「iPhone」3モデルの価格を抑えめで、「i…

  3. 「iPhone X」のゴールドモデル?本物の可能性が非常に高い実機画像…

  4. 残念。「iPhone SE2」はマイナーアップデートもしくは発売されな…

  5. 彩り豊かに。「6.1インチ」の新型「iPhone」は5色に。「iPho…

  6. 怒涛の新製品ラッシュ?次期「Apple Pencil」と「iPhone…

  7. 俗称「iPhone X Plus」と「Galaxy Note8」や「G…

  8. 「iPhone SE2」の二の舞にならなきゃいいけど。近日中に新型「M…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. 2018

  2. Xperia

  3. 2018

  4. 2018

  5. 2018