• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 過去最大級のアップデートに。次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

過去最大級のアップデートに。次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開にって話。

もう間も無く正式配信されると予測されている「iOS12」ですが、β版に関しては最終段階に入っており、着実と開発が進行していると考えることができます。一方でこの「iOS12」のβ版からも、次期「iPad Pro」は「Face ID」を搭載することと、「iPhone X」のようなベゼルレスデザインを搭載することが判明しています。詳細は「発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。」と「ノッチ」スタイルは不採用へ。iOS12のβ版から次期「iPad Pro」のデザインが判明かつ確定にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「iPad Pro」の本体サイズが判明しており、「ベゼルレスデザイン」を採用することによって、「10.5インチ」は本体サイズが変わらず、ディスプレイサイズが大型化し、「12.9インチ」モデルに関しては、本体サイズが小さくなる可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり大型化に。「Face ID」を搭載した次期「iPadPro」と次期「AppleWatch」のディスプレイサイズが判明したって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、リークしたCADをもとに作成された次期「iPad Pro」の新たなレンダリング画像が公開されたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



新たなレンダリング画像。

 

さて今回公開された次期「iPad Pro」のレンダリング画像が上記の画像になります。先日の情報通り、全体的な印象として現行モデルより角ばった印象となっており、「edge」加工など、要所要所で、「iPhone SE」と似たようなデザインを採用していることを確認することができます。詳細は「「iPhone SE」の遺伝子は「iPad」へ。次期「iPadPro」の本体サイズとデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

また現行モデルと異なり、アンテナソリッドも「iPhone7」の時に採用されたデザインとなっており、より目立ちにくいデザインになっていることを確認することができます。さらに「本体下部」に「スマートコネクター」の接続部分を確認することができることからも、縦置きでも「スマートキーボード」を使用することが可能になると考えることができます。

フロント部分からは「Touch ID」が廃止されていることを確認することができ、やはり「Face ID」を搭載していると考えることができます。ただ「iPhone X」のような「ノッチスタイル」を採用している訳ではなく、均一なベゼルを採用していることを確認することができます。

また「ノッチスタイル」を採用しなかったこともあるのか、そのベゼルを均一にするために、ベゼル自体は、そこまでスリム化されていないことを確認することができます。ただ「タブレット」であることを考えれば、「ベゼルレスデザイン」である必要性はないと考えることもできます。

同サイトによると、「iPad」史上最大のアップデートになると予測している次期「iPad Pro」シリーズですが、今月の「12日」に正式発表されると予測されています。正式発表を楽しみに待ちましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧