• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • SONYは「4K」だけじゃないことを証明した。「Xperia XZ3」の「有機ELディスプレイ」は過去最高評価を獲得したって話。

SONYは「4K」だけじゃないことを証明した。「Xperia XZ3」の「有機ELディスプレイ」は過去最高評価を獲得したって話。

かなり情報が錯綜していた「Xperia XZ3」ですが、先日に正式発表され、そのほとんどが事前情報通りとなっている一方で「ディスプレイ」に関しては「Xperia」として初の「有機ELディスプレイ」に「2K」の表示解像度に対応など、良い意味で期待を裏切られる結果となっています。詳細は「「Xperia Z Ultra」以来の「大きさ」と過去最高の「スペック」を備えた「ディスプレイ」を。「Xperia XZ3」は「Xperia XZ3 premium」への布石にすぎないって話。」をご参照下さい。

一方で、先日には「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 premium」とのスペックの比較が行われており、その結果やはり内部スペックに大きな差はなく、ベンチマーク上でも、大きな進化がないことが判明しています。詳細は「すべては「Xperia XZ3 premium」が不在の中。今年最高の「Xperia」は「Xperia XZ3」ではなく「Xperia XZ2 premium」って話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Xperia XZ3」が搭載している「有機ELディスプレイ」は名だたるスマートフォンの中で最高の評価を獲得したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



最高の評価を獲得に。

 

さて今回の情報によると、「ディスプレイ」の評価を専門的に行う「Strategy Analytics」の調査結果によると、「Xperia XZ3」を押しのけて最高の評価を獲得したとしています。上記の画像からも、今回比較対象となった機種が「Galaxy S9」、「iPhone X」、「Xperia XZ2」、「LG V30」そして「Huawei P20」となっており、そのほとんどの機種が「Xperia XZ3」と同じく「有機ELディスプレイ」を搭載しており、さらに「2K」の表示解像度に対応しています。

この状況の中で、「Xperia XZ3」が最高の評価を獲得したのは非常に誇らしいことであり、そしてその技術力の高さが改めて証明された形になります。一方で、今回の調査に参加した202人の評価の内訳が以下のようになります。

全体の「7割」が「Xperia XZ3」の「ディスプレイ」が最も優れていると評価しており、ついで「iPhone X」が「13%」となっていることからもまさに圧倒的な評価を得ていることが確認することができます。

今回の評価は「Brightness & Clarity」, 「True life colors」, 「Contrast」, 「Sharpness & Definition and Vibrancy」のそれぞれの項目から評価されており、それぞれの項目においても最高の評価を獲得しているのが「Xperia XZ3」となっています。

このことからも、少なくとも現時点では「Xperia XZ3」が市場を代表する機種の中でも、最も優れた「ディスプレイ」を搭載していると考えることができます。ただ留意しなければいけないのが先日に過去最高評価を獲得したとされている「Galaxy Note9」が今回の比較対象に含まれていないことです。詳細は「大きな進化はディスプレイも。「Galaxy Note9」のディスプレイは史上最高評価を獲得したって話。」をご参照下さい。

ただ仮に「Galaxy Note9」に劣ったとしても、市場トップクラスのディスプレイを搭載していることに変わりはなく、「4K」など尖ったことをしなくても、十分に市場で勝負していける高い技術力をSONYが持っていると考えることができます。SONYにとっては非常に幸先のいいスタートになりそうですね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧