• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone8」のデザインの良さをさらに引き立てて。「iPhone XS」のゴールドモデルの超精細なレンダリング画像が公開にって話。

「iPhone8」のデザインの良さをさらに引き立てて。「iPhone XS」のゴールドモデルの超精細なレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、Appleは正式に「9月12日」にイベントを開催することを発表しており、新型「iPhone9」や「iPhone XS」シリーズを発表すると予測されています。また一部情報によると、「9月14日」に予約開始、「9月21日」に発売開始と、今後の販促スケジュールについても判明しています。詳細は「大きな期待に応えるためにも。Appleは正式に「9月12日」にイベントを開催することを発表したって話。」と「あと1ヶ月。Appleは「iPhone XS」シリーズを「9月14日」に予約開始、「9月21日」に発売開始するって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも「iPhone XS」シリーズでは、久しぶりに「ゴールドモデル」が復活すると予測されている中、早くも「iPhone XS」の「ゴールドモデル」の「公式プレス画像」がリークしており大きな話題となっています。詳細は「技術的困難を乗り越えて。次期「iPhone XS」と「iPhone XS Plus」のゴールドモデルの公式プレス画像が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Appleのリーク情報に精通しているBenjamin Geskin氏が自身のTwitterで、「iPhone XS」の「ゴールドモデル」のレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


レンダリング画像が公開に。

 

さて今回同氏によって公開された「iPhone XS」のレンダリング画像が上記の画像となっています。先日リークした「プレス画像」の通り、「サイドフレーム」に関しては、比較的はっきりとした「ゴールド」を採用している一方で、背面に関しては「iPhone8」シリーズのように淡い「ゴールド」を採用していることを確認することができます。

従来の「iPhone7」までの「ゴールド」とは全く違う印象を受ける一方で、サイドフレームが「ゴールド」になることで、「iPhone X」の「シルバー」や「スペースグレー」とも異なる印象を受けます。

ただ背面に関しては、「iPhone8」と同様の「ゴールド」を採用している場合、実際にその色合いは「ピンクゴールド」に近く、また見える角度によってはほぼ「ホワイト」に見えるなど、見る角度によって様々な色合いを楽しむことができる一方で、はっきりとしないなど否定的な意見もあります。ただ少なくとも「iPhone XS」で「ゴールド」が復活した場合、人気は「ゴールド」に集中しそうですよね。

 

ただフロント部分だけで確認すると、また異なる顔を見せてくれて、だいぶ引き締まった印象になります。やはり「ベゼルレスデザイン」とはいえ、僅かにある「ベゼル」が「ブラック」であることが、全体の印象を引き締めていると考えることができます。

先日の情報からも「iPhone XS」シリーズは「iPhone」としては初のRAM「4GB」やストレージ「512GB」など、内部スペックが大幅に強化されている可能性が高いと予測されています。詳細は「RAM「4GB」にストレージ「512GB」を。「iPhone XS Plus」は最高の「スペック」と最高の「価格」で登場にって話。」をご参照下さい。

内部スペックの強化に、新色の追加と、大きなデザイン変更がないと中で、これだけわくわくさせてくれるのはやはりAppleの大きな魅力の一つだと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧