• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 発表直前の「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載に。SONYがティザー動画で示唆しているって話。

発表直前の「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載に。SONYがティザー動画で示唆しているって話。

先日の情報からも、「8月30日」に正式発表が予測されている次期「Xperia XZ3」ですが、そのスペックがリークしており、「Xperia」として初のRAM「8GB」そして、ストレージが「128GB」に対応するなど、内部スペックが大幅に強化されている可能性が高いと予測されています。詳細は「中華スマホに負けない最高のスペックを。「Xperia XZ3」はRAM「8GB」にストレージ「128GB」を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方でそのデザインについても徐々に明らかになりつつあり、先日には「公式プレス」画像がリークしており、さらに直近の情報では「Xperia XZ3」は「4色」展開で、その本体価格は「11万円」程度になる可能性があると予測されています。詳細は「スリム化した「ベゼル」が最大の特徴に。次期「Xperia XZ3」の公式プレス画像がリークしたかもって話。」と「「iPhone X」と同じこだわりで高級感が大幅に向上に。次期「Xperia XZ3」は「4色」展開で、価格は「11万円」程度にって話。」をご参照下さい。

さて今回sony Xperia USが自身のTwitterで、次期「Xperia XZ3」が「有機ELディスプレイ」を搭載することを示唆するようなティザー動画を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



ティザー動画が公開に。

 

さて今回公開されたティザー動画が以下のようになります。

 

今回のTweetの内容を確認すると、「Something illuminating is coming soon」とコメントされていることを確認することができ、この「illuminating」が大きなキーになっていると考えることができます。

動画をみて頂けると分かりやすいのですが、「Xperia」の背景に採用されているカラーと「ブラビア」に採用されているカラーが同じであることを確認することができます。

このことからも、次期「Xperia XZ3」は「ブラビア」のように「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性があることを示唆していると考えることができます。また先日の情報からも、「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されていたことからも、ほぼ「有機ELディスプレイ」を搭載することが確実だと判断することができます。詳細は「「有機ELディスプレイ」の搭載は必然に。次期「Xperia XZ3」は黒を基調とした新しい「UI」を採用しているかもって話。」をご参照下さい。

ただ「有機ELディスプレイ」の搭載によって消費電力効率が改善することもあるのか、それとも「本体」が「薄型化」することが原因なのか判然としませんが、先日の情報では、次期「Xperia XZ3」のバッテリーは小型化するとされており、最悪の場合、電池持ちが悪化する可能性があると考えることができます。詳細は「「薄型化」の影響は改悪に。次期「Xperia XZ3」の搭載バッテリーはかなり小型化しているかもって話。」をご参照下さい。

正直なところ、「有機ELディスプレイ」を搭載することになんの目新しさを感じることができない中、今回の情報の通り、次期「Xperia XZ3」が「有機ELディスプレイ」を搭載した場合、SONYはどのようなアピールの仕方をするのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧