• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 価格に合わせた相応のスペックを。「Galaxy S10」シリーズは2種類の異なる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載にって話。

価格に合わせた相応のスペックを。「Galaxy S10」シリーズは2種類の異なる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載にって話。

先日の情報からも、従来の「Galaxy S」シリーズとは異なり、次期「Galaxy S10」シリーズは、その正式名称は判然としませんが、プレミアムモデルである「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」、そして新たに「エントリーモデル」が追加される可能性が高いと予測されています。詳細は「一つのシリーズで幅広いニーズに対応を。「Galaxy S10」シリーズにはエントリーモデルが追加かもって話。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy S10+」に関しては、「Galaxy S」シリーズとして初の「トリプルレンズカメラ」に「デュアルフロントカメラ」を搭載する可能性があると予測されており、さらに「Galaxy」シリーズとして初となる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性があると予測されています。詳細は「その搭載は必然に。「ディスプレイ統合型指紋センサー」は「Galaxy S10」シリーズ以外にも搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone ARenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズは、そのスペックに合わせて、2種類の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



2種類の異なるセンサーを。

さて今回の情報によると、Samsungは次期「Galaxy S10」シリーズに対して2種類の異なる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性があるとしており、「エントリーモデル」に関しては、「光学式」を。プレミアムモデルには「超音波式」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性があるとしています。

このことからも、次期「Galaxy S10」シリーズ、そのすべてに「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高いと判断することができます。また今回の情報によると、「超音波式」は「光学式」と比較して、その認精度が非常に高く、さらに認証速度も3倍程度早くなるとされています。ただその分だけ原価コストの上昇、つまり本体価格が高くなると考えることができます。

一方で「光学式」に関しては、「超音波式」より、その原価コストは3倍安いとされています。ただその認証方法は、「指紋」を2D認識でキャプチャーするため「カメラ」による認証方法に近いとしており、また「超音波式」と比較すると、その認証精度はかなり悪いとしています。ただ「光学式」は今後ローエンドモデルが「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するにあたって広く採用される可能性が高いと予測されています。

また先日の情報でも、「Galaxy S10」シリーズ以外にも「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されると予測されており、今回の情報通り「光学式」が広く採用されていくと考えることができます。詳細は「その搭載は必然に。「ディスプレイ統合型指紋センサー」は「Galaxy S10」シリーズ以外にも搭載かもって話。」をご参照下さい。

今回の情報からも、散々搭載すると予測されてきた「ディスプレイ統合型指紋センサー」が次期「Galaxy S10」シリーズに搭載される可能性がかなり高くなったと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧