• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Face ID」の搭載はもはや必然に。次期「iPad Pro」の専用ケースがリークしたって話。

「Face ID」の搭載はもはや必然に。次期「iPad Pro」の専用ケースがリークしたって話。

いよいよ「iOS12」のβ版においても、最終段階に入っており、来月の新型「iPhone」の発売に合わせて正式に配信を開始すると予測されていますが、この「iOS12」のβ版からも、次期「iPad Pro」は「iPhone X」と同様に「ベゼルレスデザイン」を採用し、さらに「Face ID」を搭載する可能性が極めて高いと予測されています。詳細は「やはり大型化に。「Face ID」を搭載した次期「iPadPro」と次期「AppleWatch」のディスプレイサイズが判明したって話。」をご参照下さい。

一方でそのデザインにおいては、先日の情報からも背面は「iPhone SE」のようにダイヤモンドカットされている可能性が高いとされている一方で、「iPhone X」とは異なり、「ノッチ」スタイルではなく、均一なベゼルを採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「「ノッチ」スタイルは不採用へ。iOS12のβ版から次期「iPad Pro」のデザインが判明かつ確定にって話。」と「「iPhone SE」の遺伝子は「iPad」へ。次期「iPadPro」の本体サイズとデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、次期「iPad Pro」の専用ケースがリークしたとしており、その専用ケースから、次期「iPad Pro」は2箇所にスマートコネクターを搭載している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「専用ケース」がリーク。

 

さて今回の情報によると、「iPad Pro」の専用ケースがリークしたとしており、上記の画像が今回リークした専用ケースになります。ケース全体において大きな穴は全部で4箇所確認することができ、一つは「カメラ」。もう一つは「音量調整ボタン」、そしてもう一つは「スマートコネクター」と従来の「iPad Pro」と同じになります。

ただ今回の画像で異なるのは、本体背面の下部、充電プラグを挿入するあたりにもう一つの穴を確認することができ、この穴こそ、「スマートコネクター」の穴だとされています。現行の「Face ID」は「垂直」でしか認証できない仕様になっていますが、今回の専用ケース、そして先日の情報を加味すると、縦向き、横向きどちらの向きでも認証することが可能になっていると考えることができます。詳細は「横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。」をご参照下さい。

ただあくまでも「IOS12」の新機能に一つとして考えられており、次期「iPad Pro」の独自の機能ではないとされています。今回の専用ケースを確認する限り、次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することは間違いないと考えることができます。

そして気になるのは、「Face ID」が新型「iPhone」含めて認証精度が改善しているかどうかです。少なくとも「iPhone X」においては、寝起きでは認証できない。さらに顔の一部が隠れていると認証できないなど、あまり評判がいいとはいえません。だからこそ、この状態で「iPad Pro」に搭載するのであれば、そこまでメリットがあるようにも感じません。

何より「タブレット」にそもそも「ベゼルレスデザイン」を採用する必要性があるのかと懐疑的な意見もあるくらいです。来月の新型「iPhone」と同時に発表されると予測されています。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧