• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • ちょっと意外だったトリプルレンズカメラのデザイン。「Huawei Mate20」の詳細なレンダリング画像が公開にって話。

ちょっと意外だったトリプルレンズカメラのデザイン。「Huawei Mate20」の詳細なレンダリング画像が公開にって話。

先日にはリーカーとして非常に有名なBenjamin Geskin氏が自身のTwitterで、今年の後半に正式発表が予測されている「Huawei Mate20」のレンダリング画像を公開しており、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載することによって、より洗練されたベゼルレスデザインを採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone X」と「galaxy S9」を融合したようなデザインに。「Huawei Mate20」のレンダリング画像が公開にって話。」と「その技術力の高さをふんだんに盛り込んで。「Huawei Mate20 Pro」は「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方でこの「huawei Mate20」のスペックもリークしており、「トリプルレンズカメラ」の搭載や、RAM「8GB」への対応など、非常にハイスペックになると予測されている一方で、その本体価格は「11万円」程度になると予測されています。詳細は「「Huawei Mate20 Pro」はどこまで高くなるのか。「Huawei Mate20」のスペックと価格が判明したって話。」をご参照下さい。

さて今回XDA上において、「Huawei Mate20」の詳細なレンダリング画像が、多数公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開された「Huawei Mate20」のレンダリング画像が上記の画像になります。「Huawei P20」シリーズとも異なり、同じ「ノッチスタイル」を採用しているとはいえ、極限までのこの「ノッチ」が削減されているを確認することができます。また逆に、この「ノッチ」部分以外に関しては、ほぼベゼルがない状態であることからも、非常に洗練されたデザインを採用していると考えることができます。

またその存在が徐々に追い込まれている「イヤホンジャック」ですが、上記の画像からも「イヤホンジャック」が搭載されていることを確認することことができます。

そして個人的にちょっと意外だったのは「カメラレンズ」のデザインです。先日の情報からも「Huawei Mate20」は「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されていましたが、前モデルである「Hauwei Mate10」のように、本体中央部において「垂直型」の「デュアルレンズカメラ」を搭載すると考えていましたが、上記の画像のように、今まで見たときないデザインを採用していることを確認することができます。詳細は「進化しすぎてむしろ恐ろしい。「Huawei Mate20 Pro」は「4000万画素」に「IMX586」を搭載にって話。」をご参照下さい。

少なくとも、「ベゼルレスデザイン」の終着点とも思えるデザインを「Huawei Mate20」は採用していると考えることができますが、そのデザインは他のベンダーの機種と差別化するのも難しくなると考えることができます。逆に、このデザインまでくると、今後デザインを進化させるのも難しいことになります。

先日の情報からも8月下旬に正式発表されるのか判然としませんが、少なくとも「9月下旬」までには発売を開始すると予測されています。詳細は「最高峰のスペックを搭載して「10月」に登場に。「Huawei Mate20 Pro」のスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧