• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • その人気の高さの証明に。「Huawei」はIFA2018で「Huawei P20 Pro」に2つの新色を追加するかもって話。

その人気の高さの証明に。「Huawei」はIFA2018で「Huawei P20 Pro」に2つの新色を追加するかもって話。

今年の上期に登場し、「トリプルレンズカメラ」に最大「4000万画素」の超高画素カメラを搭載したこともあって、スマートフォン部門において、最もカメラの評価が高い機種となった「Huawei P20 Pro」ですが、先日には、カメラを中心に高い評価を獲得したことからも、ヨーロッパでスマートフォン部門における最優秀賞を獲得したことが判明しています。詳細は「2018年最高の機種に確定か。「Huawei P20 Pro」がユーロッパ最優秀スマートフォン賞を獲得したって話。」をご参照下さい。

一方で、今年の9月頃に正式に登場する可能性が高いと予測されている「Huawei Mate20」シリーズですが、特に最上位モデルである「Huawei Mate20 Pro」においては「IMX586」を搭載すると予測されていることからも「Huawei P20 Pro」以上のカメラを搭載すると予測されています。詳細は「進化しすぎてむしろ恐ろしい。「Huawei Mate20 Pro」は「4000万画素」に「IMX586」を搭載にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei」は、IFA2018において「Huawei P20 Pro」に2つの新色を追加する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



2つの新色を追加に。

 

さて今回の情報によると、「Huawei」は今月の下旬に開催が予定されている「IFA」において、「Huawei P20 Pro」の2つの新色を発表する可能性が高いと報告しています。同サイトがソースを保護する観点からも実際にその写真を明らかにすることはできないとしながらも、一つのカラーは、「ブラック」を基調としたトワイライトのようなカラーになるとしています。

そして2つ目のカラーは「ホワイト」を基調としており、薄く「ピンク」と「イエロー」が配合されたような色合いになるとしています。このタイミングで新色が追加されるということは、少なくとも「huawei P20 Pro」は売上をしっかり確保できるていること。そして新色を展開することによって、その人気をさらに拡大することができると考えることができます。

昨年に、SONYが「Xperia XZ premium」において、新色「Rosso」に追加など、似たようなことを行いましたが、それはあくまでも「Xperia XZ premium」が、「Xperia XZ1」や「Xperia XZ1 compact」が存在する中、「最上位機種」であるとされていたからこそです。

一方で、下期には「Huawei Mate20」シリーズが登場すると予測されており、「デザイン」こそ違えど、「Mate20 Pro」は「Huawei P20 Pro」よりさらにスペックが強化されていると予測されています。詳細は「最高峰のスペックを搭載して「10月」に登場に。「Huawei Mate20 Pro」のスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。

ただ「Mate20」ですら「11万円」を超えると予測されている中、「MAte20 Pro」はさらに高額になると予測されています。「Huawei」にとっては少し値頃になった「Hauwei P20 Pro」を同時展開することによって、さらにそのシェアを拡大しようとしているのかもしれません。

遅かれ早かれあと2週間程度その答えが判明します。日本では2色展開となっていますが、下期において、新色展開をしてくれると非常に嬉しいのですが。気になる方は「ドコモオンラインショップ」をチェックしてみてください。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧