• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 大容量バッテリーの効果はイマイチ?「Galaxy Note9」のバッテリーテストの結果が公開されたって話。

大容量バッテリーの効果はイマイチ?「Galaxy Note9」のバッテリーテストの結果が公開されたって話。

いよいよ先日に正式発表された「Galaxy Note9」ですが、昨年発売された「Galaxy Note8」と異なり、最新技術がてんこ盛りのSamsungらしい魅力的な端末になっている一方で、残念なことに昨年発売された「iPhone X」にはそのベンチマークスコアで全く及ばないことが判明しており、「iPhone X」のスペックがいかに高いか、逆に証明してしまった形になっています。詳細は「「iPhone X」のスペックの高さは尋常じゃない。「Galaxy Note9」を完全に凌駕しているって話。」をご参照下さい。

一方で、その本体価格に関しても、日本円で約「15万円」程度になると予測されている中、先日の情報では、その販売地域によっては、「Galaxy Note9」のほうが「iPhone X」より安いことが判明しており、スペックが高い分、やはり「iPhone X」は非常に高価な端末であることが改めて実感させられたことになります。詳細は「日本市場ではどうなる?「Galaxy Note9」は「iPhone X」より安いって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note9」のバッテリーテストの結果を公開しており、その電池持ちは「iPhone X」より僅かながら優れていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



テスト結果が公開に。

 

さて今回公開されたバッテリーテストの結果が上記の画像になります。上記の画像からも「Galaxy Note9」の電池持ちの評価は「優秀」となっていることを確認することができますが、「4000mAh」のバッテリーを搭載している割には、そこまで改善したという印象はありません。現に「Galaxy Note8」から「1時間」程度しか改善していないことを確認することができます。

やはり、事前情報通り、大型バッテリーを搭載したからといって、電池持ちの改善に繋がるわけではないとされてきましたが、この事前情報が見事的中した形になります。一方で近年の「Galaxy」シリーズで電池持ちが悪いほうに分類されていた「Galaxy S9」よりはその結果がいいことを確認することができ、ちょっと一安心というところです。

また新型「iPhone」が登場していない以上、最大のライバルともいえる「iPhone X」よりは、僅かながら電池持ちが勝っていることを確認することができますが、最も電池持ちがいいとされている「iPhone8 Plus」には遠く及ばない結果となっています。

「Galaxy Note9」は新たな冷却システムの採用や大型バッテリーの搭載など、新型Sペンの影響をほぼ受けることなく、もう少し電池持ちが改善すると期待していたせいか、ちょっと今回の結果は残念になっています。

ただもちろん、「Galaxy Note8」よりは確実に改善されていることを確認することができるからも、実際の使用感ではそこまで電池持ちは悪くないと考えることができます。発売まであとわずかとなってきています。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧