• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 2つの世界初を搭載に。「Huawei Mate20 Pro」は「7nm」プロセッサーとディスプレイ統合型指紋センサーを搭載にって話。

2つの世界初を搭載に。「Huawei Mate20 Pro」は「7nm」プロセッサーとディスプレイ統合型指紋センサーを搭載にって話。

先日の情報からも、今月に開催が予定されているIFA2018において発表が予測されている「Huawei Mate20」シリーズですが、「ミドルレンジモデル」とされている「Huawei Mate20」においても「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されており、「Huawei Mate20 Pro」に関しては、「IMX586」を搭載し、大幅にカメラが強化される可能性があると予測されています。詳細は「進化しすぎてむしろ恐ろしい。「Huawei Mate20 Pro」は「4000万画素」に「IMX586」を搭載にって話。」をご参照下さい。

カメラにおいても、スペックが強化される一方で、先日には「Huawei Mate20」では、「ノッチ」スタイルの「ベゼルレスデザイン」を採用すると予測されている中、さらに「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei Mate20」は、「ディスプレイ統合型指紋センサー」に加え、世界初の「7nm」プロセスルールで開発されてたCPUを搭載している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



2つの世界初を搭載に。

 

さて今回の情報によると、リークしたベンチマークから、次期「Hauwei Mate20」は世界初の商用「7nm」CPUである「Kirin980」を搭載する可能性が高いとしています。次期「iPhone」に搭載される「A12」チップも同様に「7nm」プロセスルールを採用していると予測されていますが、その発表が「Kirin980」のほうが早いため、「huawei Mate20」が世界初になると考えることができます。

特にGPUに関しては「Mail-G72 MP24」を搭載するとしており、前モデルと比較した、約「2倍」と大幅に強化されているとしています。先日には「Huawei」は「8月31日」に「Kirin980」を正式に発表することを関係メディアに案内しており、同時に発表が予測されている「Huawei Mate20」シリーズにも採用されると予測されています。

今回の情報では、「Huawei Mate20」に搭載されると予測されていますが、普通に考えれば「Huawei Mate20 Pro」に搭載すると予測することができます。また先日の情報通り、世界初の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載すると予測されています。厳密に言えば、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載している機種がありますが、「有機ELディスプレイ」に統合されている機種は存在していません。

このことからも、今回の情報を含めて、「Huawei Mate20」シリーズは2つの世界初を搭載すると考えることができ、より「スペック」でアピールしてくる可能性が高いと考えることができます。先日には世界2位となった「Huawei」ですが、その勢いは「Samsung」までに届くのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧