• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • すべてはユーザーへ最大の驚きを提供するために。SONYは次期「Xperia」の誤った情報をあえて拡散しているかもって話。

すべてはユーザーへ最大の驚きを提供するために。SONYは次期「Xperia」の誤った情報をあえて拡散しているかもって話。

先日には、ユーザーエージェントプロファイルの情報からも、次期「Xperia XZ3」は3つのモデルが存在していると予測されており、その販売地域によって同じ機種であっても大きくスペックが異なる可能性があると予測されている中、SONYは特に「日本市場」を中心としたアジア圏において、RAM「8GB」のストレージ「128GB」の最上位モデルを展開する可能性があると予測されています。詳細は「地域別によってスペックに大きな差が。「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」と「液晶」の2つのモデルが存在してるって話。」をご参照下さい。

一方で、その「デザイン」に関しては、かなり情報が錯綜しており、先日公開された「Xperia XZ3」の専用ケースからも「Xperia XZ2」と比較して、大幅に「薄型化」されている一方で、大幅に「画面占有率」が拡大されるとしていることからも「ベゼルレスデザイン」を採用している可能性があると予測されています。詳細は「SONYは期待を裏切らなかった。「Xperia XZ3」は「ベゼルレス」に進化したアンビエントフローを採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、SONYは真実の情報を隠すために、あえて誤った情報を拡散している可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



誤った情報を拡散に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

I suspect Sony was working hard in spreading disinformation and false rumors. It seems they’re hiding the real deal and I hope we’ll be surprised.

今回の投稿によると、SONYはあえて誤った情報を拡散している可能性が高いとしており、何よりSONYは真の情報を隠すために努力しているとしています。注目度が「iPhone」や「Galaxy」と比較するとそこまで高くないこともあり、「Xperia」のリーク情報は少ないです。

ただ、SONY自体も「リーク情報」を防ぐように、特に社内では注意喚起していることが判明しており、リーク情報が少ないのも当たり前といえば当たり前です。一方で、近年のAppleは、ユーザーの興味をひくために、あえて、その一部の情報をリークしているとされています。

ただ今回の情報が正しければ、SONYは、情報がリークすることは防ぐことができないとした上で、本当に情報を隠すために、あえて「誤った情報」をリークしていると考えることができます。誤った情報を拡散することによって、正式発表の時に、ユーザーに驚きや興奮を提供することができると考えることができます。ただ、誤った情報以下の「スペック」や「デザイン」を下回る場合は、逆にユーザーを落胆させてしまう可能性が高く、まさに近年の「Xperia」はそれです。

もちろん今回の投稿自体がガセネタである可能性も高く、SONYの真意がわかることは今後一切分かることはないと考えることができます。「iPhone」や「Galaxy」から見るように、近年のリーク情報の精度は非常に高く、だからこそ、完全秘密主義だった時代のAppleと比較すると、近年の「iPhone」はリーク情報でその全貌が明らかになり、その結果、発表会において、面白みにかけると批判されることが多々あります。

リーク情報とどう上手く付き合うのか、ある意味、SONYは「Apple」に少しでも見習ってほしいところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧