• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 2年遅れのデザインを来年まで継続に。「Xperia XZ4」は「Xperia XZ3」と同様のデザインを採用かもって話。

2年遅れのデザインを来年まで継続に。「Xperia XZ4」は「Xperia XZ3」と同様のデザインを採用かもって話。

先日の情報からも、「Xperia XZ3」の専用ケースを撮影した画像がリークしており、「Xperia XZ2」と比較して「Xperia XZ3」は、より薄型化し、さらに「画面占有率」がかなり拡大している可能性が高いと予測されており、先日の情報通り、さらに改善された「アンビエントフロー」を採用しているとしています。詳細は「SONYは期待を裏切らなかった。「Xperia XZ3」は「ベゼルレス」に進化したアンビエントフローを採用かもって話。」と「最高の「機能」と「デザイン」の組み合わせに。SONYはIFA2018でより進化したアンビエントフローを採用した「Xperia」を発表にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、SONY自体が「アンビエントフロー」自体が失敗だったと認めているとされており、来年の初頭に登場が予測されている「Xperia XZ4」では、デザインが大幅に刷新される可能性があると予測されていました。詳細は「アンビエントフローは失敗だと認めた。来年登場する次期「Xperia XZ4」でデザインを再設計へって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、来年登場が予測されている「Xperia XZ4」は「Xperia XZ3」と同様のデザインを採用する可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



同様のデザインに。

 

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。今回の投稿は、ESATO上においてその情報に信憑性がある人物によるものとなっており、同氏によると、来年登場する「Android」のデザインを比較したものが上記の画像になるとしています。

もちろん、具体的な機種名が記載されているわけではありませんが、Samsungにおいては「Galaxy S10」と表示されていることからも、来年の初頭に登場する機種だと考えることができます。つまり「huawei」であれば、「Huawei P30 Pro」、そしてSONYであれば「Xperia XZ4」であると考えることができます。

現行機種である「huawei P20 Pro」においては「ノッチ」スタイルを採用していますが、今回の画像を確認する限り、「均一な」ベゼルを採用していることを確認することができ、「Huawei」に限らず、全体的にさらにベゼルレス化が進んでいると考えることができます。

一方で「Xperia XZ4」においては、そのベゼルが「Xperia XZ1」や「Xperia XZ2」から細くなったとはいえ、かなり太いという印象を受けてしまいます。またこの画像からも、「Xperia XZ4」は先日公開された「Xperia XZ3」のデザインとそっくりであることを確認することができます。詳細は「SONYが求めた完成したデザインは「Galaxy 」と一緒。「Xperia XZ3」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

このことからも、「Xperia XZ3」と「Xperia XZ4」のデザインは非常に似ていると考えることができ、行き着くこと「Galaxy」シリーズの劣化版であると考えてしまいます。

冒頭でも記述しましたが、「Xperia XZ4」ではデザインの刷新が期待されていましたが、大きなデザインの変化がないことからも、「Xperia XZ3」から新シリーズへ移行し、「Xperia XZ4」はブラッシュアップモデル」になると考えることもできます。

そうでなくても、「スペック」、「デザイン」において、周回遅れとなっている「Xperia」はその命運を占うとされている「Xperia XZ4」において変わりばえのないデザインを採用しないでほしいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧