• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「Note」と「S」は存続へ。ただ「Galaxy Note」はプレミアムモデルではなくなるかもって話。

「Note」と「S」は存続へ。ただ「Galaxy Note」はプレミアムモデルではなくなるかもって話。

「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の販売不調を補うため、そして新型「iPhone」を牽制するためにも、いよいよ正式発表された「galaxy Note9」ですが、「Galaxy Note7」のリコール問題の尾をひいていた「Galaxy Note8」と異なり、Samsungらしいスペックもりもりの端末になっています。詳細は「地味に違いがあります。「Galaxy Note8」と「Galaxy Note9」の違いを確認しようって話。」をご参照下さい。

一方で、この「Galaxy Note9」は「Note」シリーズ最後のモデルになると予測されており、来年以降は「S」シリーズと「Note」シリーズが融合し、その代わり「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」シリーズが確立される可能性が高いと予測されています。詳細は「「S」と「Note」は融合へ。「Galaxy Note9」は最後の「Note」シリーズになるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、事前情報とは異なり、「S」シリーズと「note」シリーズは統合されることはないとSamsungが明言したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


プレミアムモデルではなくなる。

 

さて今回の情報によると、SamsungのDJ Koh氏が、少なくとも来年において、「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」シリーズを統合する予定はないとしています。このことからも順当にいけば、「Galaxy S10」シリーズと「Galaxy Note10」シリーズが登場する可能性が高いと考えることができます。

ただ、「Note」シリーズと「S」シリーズが統合されないからといって、「Galaxy F」シリーズが登場しないことにはならないとしています。少なくとも「Galaxy Note9」までにおいて、そのプレミアムモデルは「Note」シリーズが請け負ってきましたが、今後「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」がその立場を請け負うと考えることができます。

現に先日の情報でも「Galaxy F」は、発表当時の最先端の技術をふんだんに採用することからも、その「本体価格」が「20万円」程度になる可能性が高いとされています。詳細は「あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超えるって話。」をご参照下さい。

また今回の情報では、「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」が「普遍モデル」になる一方で、「Galaxy F」は、その本体価格の高さも含めて、相当ニッチかつプレミアムモデルになるとしており、また関係者の話として、「折りたたみ式」という「世界初」のタイトルを目指すのではなく、今までの技術を結集した上で、より実用性を中心に考えたデバイスになるとしています。

新たなプレミアムモデルの存在によって、その存続が危ぶまれている「S」と「Note」ですが、少なくとも来年は継続し、さらに「S」はSamsungとして初の「5G」に対応した機種として登場する可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧