• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「iPhone」にも「Galaxy」にも牽制か。「Huawei Mate20 Lite」は8月下旬に発売開始かもって話。

「iPhone」にも「Galaxy」にも牽制か。「Huawei Mate20 Lite」は8月下旬に発売開始かもって話。

「ミドルレンジモデル」である「Hauwei Mate20」と、そしてハイエンドモデルである「Hauwei Mate20 Pro」に大きな注目が集まりがちで、今年の上期に発表された「Huawei P20 Pro」がカメラにおいて史上最高評価を獲得している中、先日の情報では、今年の下期に登場する「Huawei Mate20 Pro」においては「IMX586」を搭載し、さらにカメラが強化される可能性があるとされています。詳細は「進化しすぎてむしろ恐ろしい。「Huawei Mate20 Pro」は「4000万画素」に「IMX586」を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で同じシリーズにおいて「エントリーモデル」の立ち位置である「Hauwei Mate20 Lite」ですが、先日には「公式プレス」画像がリークしており、さらに、その詳細なスペックもリークしており、やはりコストパフォーマンスに優れていることが判明しています。詳細は「4つのカメラにRAM6GB。「Huawei Mate20 Lite」の公式プレス画像がリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、「huawei Mate20 Lite」のカラーバリエーションおよび「発売日」に関する最新情報を報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



カラーバリエーションも判明。

 

さて今回の情報によると、まず「Huawei Mate20 Lite」は上記の画像、そして先日公開された公式プレス画像からも、「ブラック」と「ゴールド」の2色展開である可能性が高いとしており、先日TENAAでの認証情報でも確認されていたことですが、さらにその情報が確定的になったと考えることができます。

デザインに関しては前モデルである「Huawei Mate10」シリーズと異なり、「指紋認証」が「背面」に搭載されていることを確認することができますが、今後、「Huawei」の多くの機種は「指紋認証」を「背面」もしくは、「ディスプレイ統合型指紋センサー」に切り替えていく可能性が高いとしています。

スペックに関しては、先日の情報と一致しているため今回は触れませんが、何よりその発売日は「8月下旬」になるとしており、この情報が正しければ、間も無く正式発表される可能性が高いと考えることができます。本体価格に関しては「$400」程度、日本円で約「4万3000円」程度になるとされています。

さすがに「Honor」シリーズよりは高めの設定に感じますが、それでもそのスペックを考えれば非常にコストパフォーマンスに優れていると考えることができます。あまり具体的な情報がありませんが、「 huawei Mate20 Lite」が8月下旬に単体で発表されることは考えにくく、「Mate20」シリーズ自体が間も無く発表されると考えることもできます。

仮に「Mate20」シリーズが発表された場合、先日発表されたばかりの「Galaxy Note9」や来月に発表が控えている「iPhone」に大きく牽制することができます。シリーズが違うといえど、「huawei P20 Pro」の次に出てくるハイエンドモデルとして「Huawei Mate20 Pro」は大きく注目される可能性が高いと考えることができます。

8月下旬から開催が予定されているIFAにおいて、多くのベンダーが新機種を発表する中、Samsungのように、いかに早く発表し発売して牽制するかが、今後重要になってくるとも考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧