• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • SONYは期待を裏切らなかった。「Xperia XZ3」は「ベゼルレス」に進化したアンビエントフローを採用かもって話。

SONYは期待を裏切らなかった。「Xperia XZ3」は「ベゼルレス」に進化したアンビエントフローを採用かもって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日にはリークしたCADを基に作成された「Xperia XZ3」のレンダリング画像が公開されており、「Galaxy S9」と非常に似ていると大きく話題になっていますが、一方でこのデザインは本物のデザインではないとされています。詳細は「ついに公式デザインが判明に。次期「Xperia XZ3」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開にって話。」と「真のデザインはまた別に。「Xperia XZ3」のデザインは「Galaxy」とは全く似ていないかもって話。」をご参照下さい。

一方で先日には、IFA2018で発表される次期「Xperia」は最高のスペックに、最高の「デザイン」を採用している可能性が高く、より進化した「アンビエントフロー」を採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「最高の「機能」と「デザイン」の組み合わせに。SONYはIFA2018でより進化したアンビエントフローを採用した「Xperia」を発表にって話。」をご参照ください。

さて今回中国の大手SNSサイトであるWeiboにおいて、次期「Xperia XZ3」の専用ケースを撮影したとされている画像が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



専用ケースがリークに。

 

さて今回投稿されていた「Xperia XZ3」の専用ケースが上記の画像になります。今回の情報によると、左側が「Xperia XZ3」で、右側が「Xperia XZ2」のケースだとしています。

先日の情報からも「Xperia XZ3」の「ディスプレイサイズ」は「5.99インチ」になると予測されており、今回の画像を見ても、縦に長くなっていることを確認することができます。詳細は「中華スマホに負けない最高のスペックを。「Xperia XZ3」はRAM「8GB」にストレージ「128GB」を搭載にって話。」をご参照下さい。

またケースを見る限りは、「Xperia XZ3」のほうが横幅が短くなっていることが確認することができ、先日の情報通り「アスペクト比」が「18:9」から変更されている可能性も考えられます。詳細は「デザインだけじゃなくアスペクト比も。次期「Xperia XZ3」が「Galaxy」とそっくりな理由が判明したって話。」をご参照下さい。

ただそれ以外の「指紋認証」の搭載場所や「カメラ」のデザインなどには大きな変化がないと考えることができます。

ただこのケースを横から見た場合が上記の画像になりますが、「Xperia XZ3」のケースのほうがだいぶ薄くなっていることを考えることができます。少なくとも、ラウンド形状になっていることからも「アンビエントフロー」を採用していることに間違いはないと考えることができますが、より薄く、軽くなっていると考えることができます。

また今回の投稿に対して、リーカーとして定評があるZackbukus氏は、よりベゼルが細くなるとしており、今回のケースでは確認することができませんが、「フロント」部分においてもデザインが変更されていると考えることができます。

先日の情報からも、「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載するモデルと搭載しないモデルが存在しているとされており、発売地域によって、そのスペックが異なると考えることができます。詳細は「地域別によってスペックに大きな差が。「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」と「液晶」の2つのモデルが存在してるって話。」をご参照ください。

いまだ確定的な情報がない中、直近の情報は、かなり明るい情報となっています。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧