• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Edge」スタイルの採用が必然に。次期「Xperia」のデザイン。そのすべては「Xperia XA2 Plus」から始まっているかもって話。

「Edge」スタイルの採用が必然に。次期「Xperia」のデザイン。そのすべては「Xperia XA2 Plus」から始まっているかもって話。

先日リークした次期「Xperia XZ3」のスペックからも、「ディスプレイサイズ」が「5.99インチ」になると予測されている中、本体の横幅が「Xperia XZ2」より短くなっていることからも、アスペクト比が「18.5:9」と「Galaxy S9」シリーズと同様の「アスペクト比」になる可能性があると予測されています。詳細は「デザインだけじゃなくアスペクト比も。次期「Xperia XZ3」が「Galaxy」とそっくりな理由が判明したって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、「Xperia XZ3」は最高の「デザイン」と最高の「スペック」を搭載すると予測されている中、専用ケースがリークし、その本体の薄さや「ベゼル」が劇的に改善している可能性が高いと予測されています。詳細は「最高の「機能」と「デザイン」の組み合わせに。SONYはIFA2018でより進化したアンビエントフローを採用した「Xperia」を発表にって話。」と「SONYは期待を裏切らなかった。「Xperia XZ3」は「ベゼルレス」に進化したアンビエントフローを採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia」に「Edge」スタイルを採用するために、SONYは「Xperia XA2 Plus」のデザインで実験をしている可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Edge」スタイルが必然に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

My feeling is that the XA2 Plus will be at IFA or some sort of variant, XA3 range would show up at the end of the year. I think the early announcement of the XA2 Plus was to build interest in the design, curved screen etc. As for the flagship or flagships, lots of mixed reports.

さて今回の投稿によると、「Xperia XA2 Plus」が当初予測されていた「IFA2018」より早く発表された理由として、次期「Xperia」で「局面ディスプレイ」を採用するにあたって、ユーザーの関心を構築するためだとしています。

「ミドルレンジモデル」でありながらも、「ハイエンドモデル」と融合したようなデザインを採用している「Xperia XA2 Plus」ですが、そのデザインの評判は非常によく、SONYは次期「Xperia」のデザインにおいて、前哨戦という意味合いで「Xperia XA2 Plus」を早く発表したと考えることができます。

一部情報では、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」に遅れて、「Xperia XZ2 premium」が遅れて発表された理由として、新デザインである「アンビエントフロー」のユーザーからの評価を集めるためだとされています。ただ「Xperia XZ2 premium」の場合は、遅れて発表されたことに、正直なんのメリットもなかったと考えることができます。

先日リークした専用ケースにおいて、「Xperia XZ3」は本体の厚みがかなり薄型化されている可能性が高いと予測されており、さらに「画面占有率」がかなり上がっている。つまり「ベゼル」がより狭くなっていると考えることができます。

さらに「曲面ディスプレイ」を採用していると予測されていることからも、「Galaxy」に非常に似ていると話題になっていますが、あくまでもこのデザインの礎には「Xperia XA2 Plus」があると考えることができます。

実際にまだ実機などはリークしておらず、そのデザインが確定的ではありませんが、少なくとも今回の情報が正しければ、「Xperia XA2 Plus」のデザインが、今後の「Xperia」のベースのデザインになると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧