各国2色展開に。Expansysで「Galaxy Note9」の予約を開始したって話。

以前より「Galaxy」シリーズのリーク情報は、「iPhone」や「Xperia」と比較すると、その情報の精度は非常に高いと予測されている中、先日にはほぼ事前情報通り内容で「Galaxy Note9」が正式に発表されました。

「Sペン」や「デュアルレンズカメラ」の進化が大きな特徴になると予測されていた中、実際に発表イベントを確認する限りは、基本スペックの「進化」やその水準の高さにフォーカスされており、また「Galaxy Note8」とのスペックを比較したものも公開されています。詳細は「地味に違いがあります。「Galaxy Note8」と「Galaxy Note9」の違いを確認しようって話。」をご参照下さい。

ただ残念なことに、すでにベンチマークスコアの結果が公開されており、最新の技術をたくさん搭載しているにも関わらず、そのスコアは、約「1年」前に発表された「iPhone X」にいまだ追いつけない状態となっています。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを扱うExpansysににおいて、「Galaxy Note9」の予約を開始したことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



予約が開始に。

 

さて上記の画像がExpansysにおける「Galaxy Note9」の製品ページになります。少なくともExpansysにおいては、「Midnight Black」と「Ocean Blue」の2色を取り扱っていることを確認することができます。

また「ベースモデル」である「6GB/128GB」と「最上位モデル」である「8GB/512GB」モデルをそれぞれ扱っていることからも計4モデルを扱っていると考えることができます。先日の正式発表からも「Galaxy Note9」は全部で「4色」展開になっていることを確認することができますが、従来の流れを考慮すると、各国で2色展開になると考えることができます。

今回の2色はあくまでも「香港」で展開されるカラーと同一になると考えることができます。執筆時点では、その本体価格が「未定」となっていますが、先日の正式発表と、手数料を考慮すれば、「ベースモデル」が「12万円」程度、「最上位モデル」が「15万円」程度になると考えることができます。

スマートフォンとして考えれば、非常に高価な機種になると考えることができますが、パソコンと同等な使い勝手をすることができる「Samsung Dex」が使用できることを考えれば、下手なパソコンを購入するより非常に手頃な価格だと考えることができます。

昨年発表された「Galaxy Note8」は、「Galaxy Note7」のリコール問題もあったことからも、無難な仕様となっていましたが、「Galaxy Note9」に関しては、攻めの攻勢となっており、最新技術を盛りだくさん搭載しています。

Samsungの公式ホームページに「Galaxy Note9」の製品ページ(日本語)が存在しているので、日本での展開も間違いないと考えることができます。ただキャリアモデルに関しては、割引サポートも少なく、どうしても購入しやすい条件ではありません。だからこそSIMフリーモデルをおすすめします。ただ「Galaxy Note8」に関しては、徐々に購入しやすい条件となってきています。気になる方は「ドコモオンラインショップ」をチェックしてみてください。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧