• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 中華スマホに負けない最高のスペックを。「Xperia XZ3」はRAM「8GB」にストレージ「128GB」を搭載にって話。

中華スマホに負けない最高のスペックを。「Xperia XZ3」はRAM「8GB」にストレージ「128GB」を搭載にって話。

その「デザイン」に関して、かなり情報が錯綜している「Xperia XZ3」ですが、先日にはCADを基に作成された超精細なレンダリング画像が公開された一方で、そのレンダリング画像自体は、実際のように見えるが、本物のとは違うとの情報もあります。詳細は「ついに公式デザインが判明に。次期「Xperia XZ3」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開にって話。」と「真のデザインはまた別に。「Xperia XZ3」のデザインは「Galaxy」とは全く似ていないかもって話。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia XZ3」のスペックも都度リークしており、先日には最終確定版とされているスペックがリークしており、やはり「snapdragon845」を搭載していることからも「5G」には対応していない可能性が高いと予測されています。詳細は「カメラのUI刷新がメインに。「Xperia XZ3」のスペックを最終確認しようって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia XZ3」はRAM「8GB」にストレージ「128GB」を搭載する可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



最高スペックを搭載に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Akatsuki
H8416/H9436/H9493
5.99 18:9 OLED
S845 + 6/8GB + 64/128GB
1300w Exmor RS Front
1900w Exmor RS DRAM

さて今回の投稿は「Xperia XZ2 premium」の正式発表日を唯一予測することができたZackbuks氏によるものでその情報の信憑性は高いと考えることができます。

今回の投稿を確認すると、まず「Akatsuki」は「Xperia XZ3」のchord nameであるとされており、その上で、まず「ディスプレイ」は「5.99インチ」になるとしており、さらに先日の情報通り、ついに「有機ELディスプレイ」に対応することになります。詳細は「「変化」から「進化」に逆戻り。次期「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載にって話。」をご参照下さい。

そして「snapdragon845」を搭載していること、そしてストレージが「64/126GB」に対応しているところまでは事前情報と一致しています。そして衝撃的だったのが、RAMが「6GB」モデルとは別に「8GB」モデルが存在していることです。

RAM「6GB」を搭載している機種が、「Xperia」では、「Xperia XZ2」の一部モデルと「Xperia XZ2 premium」になりますが、他のベンダーの機種においては、特段珍しくはありません。一方でRAM「8GB」においては、他のベンダー機種、特にスペックがかなり高い中華系の機種においてもあまりありません。

このことを考えれると、「Xperia XZ3」の最上位モデルは、中華系スマートフォンと比較しても遜色ないスペックを搭載することになります。直近において、「ベゼルレスデザイン」の不採用や、「有機ELディスプレイ」の不採用。加えてようやく「Xperia XZ2」シリーズで「アスペクト比18:9」の採用や「デュアルレンズカメラ」の採用など、ほぼ一周遅れとなっていた「Xperia」がトップクラスの性能を実現することになります。

今回の情報では、やはり「カメラ」に関して「シングルカメラ」を搭載していると考えることができ、メインで「1900万画素」、そしてインカメラで「1300万画素」と、画素数の向上はみられません。ただ、新しい「カメラセンサー」を採用しているどうかは非常に気になるところです。

今回の情報が正しければ、SONYはまず「Xperia」の基本スペックを大幅に強化したと考えることができます。深刻な販売不振状態となっている「Xperia XZ2」シリーズの売上を補完するためにも、ぜひこのスペックで登場してほしいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧