• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE」は不要な存在に。2019年に登場する新型「iPhone」にも廉価モデルが登場するかもって話。

「iPhone SE」は不要な存在に。2019年に登場する新型「iPhone」にも廉価モデルが登場するかもって話。

先日の情報からもAppleは今年発表する新型「iPhone」の一つに廉価モデルを追加するとされており、「3Dタッチ」や「ステンレススチール」の非採用、さらに「シングルカメラ」など、「iPhone X」と共通のデザインを採用しながらも、スペックが抑えめになっている可能性が高いと予測されています。

ただ、「iPhone5c」以来の「ポップ」なカラーを採用するとされており、そのカラーラインナップは「5色」展開になると予測されており、また価格も現行のは「iPhone8」程度になると予測されています。詳細は「彩り豊かに。「6.1インチ」の新型「iPhone」は5色に。「iPhone X Plus」は3色展開にって話。」をご参照下さい。

一方で一部の情報によると、この「6.1インチ」の新型「iPhone」は待望されていた「iPhone SE」の後継機種である「iPhone SE Plus」として登場する可能性が高いとも予測されています。詳細は「なぜ「Plus」にしてしまったのか。「iPhone SE」の後継機種は「6.1インチ」の「iPhone SE Plus」として登場かって話。」をご参照下さい。

さて今回The Bellによると、来年登場が予測されている新型「iPhone」においても「液晶」を採用した廉価モデルが登場すると予測していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「液晶」モデルが継続に。

 

さて今回の情報によると、Appleは2019年に登場する次期「iPhone」に採用されるディスプレイの発注を「LG」にしている可能性が高いと予測しており、一方でLGも「iPhone」用のディスプレイの開発を進めているとしています。

現行の「iPhone X」はSamsung製の「有機ELディスプレイ」を採用していることが判明していますが、その原価コストの高さが、本体価格の上昇を招いていると考えることができます。だからこそ、Appleは「LG」に対してサプライヤーを変更することを目指しており、Samsungの独占体制を終了させ、原価コストを下げることを目論んでいるとしています。

ただ「LG」に関しても、まだAppleの要求に答えることができるほどの、生産状況が整っていないとされており、少なくとも来年にかけて、徐々にその生産量を増やしていくとされています。

ただ今回の情報では「有機ELディスプレイ」の生産に加えて、「液晶」の生産も行うとされていることからも。2019年に登場する次期「iPhone」の「液晶」を採用したモデルが継続で展開されると考えることができます。

先日の決算内容からも販売単価は上がっているものの、販売台数は微増になっていること。そして「iPhone8」が売れていることを考えると、「iPhone X」の価格が高すぎたと考えることができます。だからこ廉価モデルを継続展開することによって、販売台数を維持しようとしていると考えることができます。

少なくとも「廉価モデル」の立ち位置にあった「iPhone SE」が今年は登場しないと予測されている中、この調子だと来年の登場もあまり期待はできますん。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧