• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • カメラのUI刷新がメインに。「Xperia XZ3」のスペックを最終確認しようって話。

カメラのUI刷新がメインに。「Xperia XZ3」のスペックを最終確認しようって話。

今月の30日に正式発表が予測されている「Xperia XZ3」ですが、先日の情報では、すでに海外サイトで予約が開始していることが判明しており、そのスペックとデザインが判明していますが、少なくともこのデザインに関しては、先日公開されたCADを基に作成されたレンダリング画像と相違しており、このレンダリング画像のほうが信憑性が高いとされています。詳細は「デザインは「Xperia XZ2 premium」と瓜二つ。「Xperia XZ3」が予約開始し、その価格とスペックも明らかにって話。」と「SONYが求めた完成したデザインは「Galaxy 」と一緒。「Xperia XZ3」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、スペックに関しては事前情報でそこまでの相違はなく、ほぼ確定的な状態であるとされており、一部情報が錯綜しているのが、先日発表されたばかりの「IMX586」を搭載するかどうかとなっています。詳細は「「Xperia」のためのSONY最大の秘密兵器。「Xperia XZ3」は4800万画素の「IMX586」を搭載するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Vortex.geによると、「Xperia XZ3」のスペックが再びリークしたことを報告しており、事前情報とほぼ相違がないことからも最終スペックであると考えることができるので簡単にまとめたいと思います。



再びそのスペックがリーク。

 

さて今回の情報によると、次期「Xperia XZ3」は「5.9インチ」の「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されており、さらにRAMは「6GB」そしてストレージは「64GB」になるとしています。

また搭載CPUは「snapdragon845」を搭載し、搭載OSは「Android9.0」になるとしています。またカメラに関しては「1900万画素数」で「F1.8」、フロントカメラは「1300万画素」になっているとしています。これ以上の言及はありませんが、「シングルカメラ」である可能性が高いと考えることができ、さらに「!MX586」を搭載していない可能性が高いと考えることができます。

また「IP68」に対応し、さらに「3540mAh」のバッテリーを搭載するとしています。先日の情報ではバッテリー容量の情報が一致していますが、さらに「電池持ち」を改善される技術をさらに搭載しているとしています。詳細は「「電池持ち」が劇的に改善に。「Xperia XZ3」は新型バッテリーを搭載かもって話。」をご参照下さい。

また先日の情報でも「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 compact」が最後の「液晶」を搭載したフラッグシップモデルになると予測されていることからも、より「Xperia XZ3」が「有機ELディスプレイ」を搭載している可能性が高まったと考えることができます。詳細は「「変化」から「進化」に逆戻り。次期「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」を搭載にって話。」をご参照下さい。

先日には「Xperiaホーム」の開発が中止になったことが判明していますが、今回の情報によると、「カメラ」アプリを中心とした新たなUIが搭載されると予測されていることからも、新たなホームアプリが搭載されている可能性が高いと考えることができます。詳細は「「Android OS」のアップデートを最優先に。「Xperia XZ premium」以降は「Xperiaホーム」が廃止になるって話。」をご参照下さい。

今回の情報は事前情報とそこまで相違はなく、大方の予測を考慮しても、今回のようなスペックになると考えることができます。あと3週間で正式発表になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧