耐久性もピカイチに。「galaxy note9」は世界で初めて「ゴリガラス6」を採用する機種になるかもって話。

先日には「化粧箱」がリークし、そのスペックの全貌が明らかになった「Galaxy Note9」ですが、やはりベースモデルのストレージが「128GB」となっており、「Galaxy Note8」と比較すると、倍増していることが確認されており、さらにその価格も同程度になる可能性が高いと予測されています。詳細は「ついに化粧箱がリーク。「Galaxy Note9」のスペックを最終確認しようって話。」をご参照ください。

さらに先日の情報では、RAM「8GB」ストレージ「512GB」の最上位モデルは「韓国」や「中国」などの地域限定モデルになる可能性が高いと予測されてきましたが、RAMは別としてストレージが「512GB」モデルに関してはインドネシアやロシアで販売されることが判明していることからも地域限定モデルではないとされています。詳細は「地域限定モデルではない?「Galaxy Note9」はさらに世界初の1TBに対応した機種になるかもって話。」をご参照ください。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy Note9」は世界で初めて「ゴリガラス6」を採用して発売される機種になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



世界初の採用に。

 

先日の情報からも、その進化した「Sペン」にどうしても目がいきがちですが、今回の情報によると、Galaxy Note9」は世界で初めて「ゴリガラス」を採用した機種になる可能性が高いとしています。ちなみに現行モデルである「ゴリガラス5」を最初に採用した機種が「Galaxy Note7」であることを考えれば、可能性はかなり高いと考えることができます。

ただ、一部情報によれば、「Oppo」の最新機種が世界で初めて「ゴリガラス6」を採用した機種になるとの情報もあり、判然としない状況にありながらも、「Galaxy Note9」が「8月24日」に発売を開始することからも、少なくとも世界で初めて「ゴリガラス6」を採用して「発売」される機種になる可能性が高いとしています。

いまや「ベゼルレスデザイン」がトレンドとなりつつありますが、「ベゼル」が細くなればなるほど、その耐久性は下がると考えることができます。つまり搭載される「ディスプレイ」の強度が改善されることに期待するしかありません。また以前のように「本体価格」も決して安くはありません。

このことを考えれば少しでも故障しにくくなるのはユーザーにとってありがたいことだと考えることができます。少なくとも先日の情報では、「Galaxy Note9」の最上位モデルは約「13万円」になるなど、非常に高い買い物になります。詳細は「「Galaxy Note9」は3色展開で容量構成は2モデルに。ただ512GBモデルは「13万円」超えにって話。」をご参照ください。

ただもちろん「ゴリガラス」を採用したからといって壊れなくなるものではありません。実際に発売後の耐久テストにおいてどのような結果を残すのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. どのようなメリットが?「Galaxy Note9」はトリプルカメラが搭…

  2. 「仕事」に「遊び」のそのすべてに。「Galaxy Note9」はその使…

  3. 爆発しないでね。「Galaxy Note9」は「4000mAh」の大型…

  4. 事前情報に相違なし。「Galaxy Note9」はRAM「8GB」で本…

  5. 大きな進化はディスプレイも。「Galaxy Note9」のディスプレイ…

  6. 地味に違いがあります。「Galaxy Note8」と「Galaxy N…

  7. 新型「iPhone」が登場する前に牽制を。「Galaxy Note9」…

  8. バッテリーの不具合がないことを祈る。「Exynos」版「Galaxy …

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. Galaxy

  4. iPhone

  5. Xperia