• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • インターフェイスが変更で角に丸みを。次期「iPad Pro」のUIの画像がリークしたって話。

インターフェイスが変更で角に丸みを。次期「iPad Pro」のUIの画像がリークしたって話。

先日の情報からも、ユーラシア経済委員会の認証情報から、Appleは今年、新しい「iPad」をあと2機種発表する可能性がほぼ確実だとされており、この2機種が次期「iPad Pro」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone SE2」の登場は限りなくゼロへ。新型「iPhone X」シリーズが認証を通過で登場間近にって話。」をご参照下さい。

また直近の情報では、以前より予測されていた通り、次期「iPad Pro」は「Face ID」を搭載し、「ベゼルレスデザイン」を採用する可能性が高いとされてきましたが、「iOS12」のβ版から、次期「iPad」を示したアイコンが「ベゼルレスデザイン」を採用していることからも、「ベゼルレスデザイン」を採用することが確実視されています。詳細は「「ノッチ」スタイルは不採用へ。iOS12のβ版から次期「iPad Pro」のデザインが判明かつ確定にって話。」をご参照下さい。

さて今回Apple Insiderによると、「iOS12」の最新のβ版から、次期「iPad Pro」のUIを捉えた画像がリークしたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



新たなインターフェイスを。

 

さて今回の情報によると、上記の画像が今回リークした次期「iPad Pro」の新しいインターフェイスとなっており、現行機種と比較して角の部分が丸みを帯びていることを確認することができます。ちなみにPNGファイルには「J3xx affordance corners」とラベリングされていることが判明したとしています。

確かに現行の「iPad Pro」のディスプレイを確認すると丸みを帯びていませんが、「ベゼルレスデザイン」を採用することによって、ベゼルに合わせて「丸み」を帯びることによって、よりユーザーの違和感を減らすことを期待していると考えることができます。

また次が「ロック画面」の画像になり、「Swipe up to open」となっていることからも、ホーム画面の開き方がiPhone X」と同様になる。つまり「Face ID」を搭載していると考えることができます。またどのような意味を指しているのか判然としませんが、画面右上には何か「オン・オフ」のような表示も確認することができます。

そして最後に「カレンダー」アプリを開いた画像も合わせて公開されています。ただ先ほどの「ロック画面」と同様に、角の部分が丸みを帯びていることは確認することができます。全画面表示と、スライド表示では異なるということなのでしょうか。

順当にいけば、9月に発表されると予測されている「iPad Pro」ですが、「iOS12」のβ版にこれだけのヒントがあるということは、それだけ登場が直前だと考えることができます。今年発表が予測されている新型「iPhone」含めてそのデザイン、インターフェイスは統一されると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧