• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • トリプルレンズカメラは搭載ならず。新型「iPhone」3モデルのモックアップを撮影した画像がリークにって話。

トリプルレンズカメラは搭載ならず。新型「iPhone」3モデルのモックアップを撮影した画像がリークにって話。

今年の9月に開催が予測されているイベントにおいて、Appleは新型「iPhone」を3モデル発表する可能性が高いと予測されている中、直近においては「6.1インチ」の新型「iPhone」に関する情報が多く、一部情報によればこの新型「iPhone」が「iPhone SE」の後継機種である可能性が高いとされています。詳細は「なぜ「Plus」にしてしまったのか。「iPhone SE」の後継機種は「6.1インチ」の「iPhone SE Plus」として登場かって話。」をご参照下さい。

この新型「iPhone」は、他の2機種と比較してスペックは抑えめである一方で、「iPhone 5c」以来のポップなカラーの採用に、さらに「5色」展開、本体の価格が控えめなど、今年登場する新型「iPhone」の中で最も人気がでる可能性が高いと予測されています。詳細は「彩り豊かに。「6.1インチ」の新型「iPhone」は5色に。「iPhone X Plus」は3色展開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーク情報に精通しているBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterで、今年登場する新型「iPhone」のモックアップを公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



新型「iPhone」を見比べ。

 

さて今回公開された画像が上記の画像になります。まず「フロント」部分においての画像になりますが、事前情報と相違はなく、「iPhone X」と共通のデザインを採用していることが確認することができます。ただ今回の画像では確認できませんが、先日の情報からも、「6.1インチ」の新型「iPhone」のみが、ステンレスのサイドフレームを採用しないとされています。詳細は「より精細なモックアップ画像がリーク。「iPhone SE Plus」は「iPhone SE」と全く異なるデザインにって話。」をご参照下さい。

次に「背面」部分の画像が上記の画像になります。3モデルとも共通して「ガラス」を採用していることからも、「ワイヤレス充電」を採用している可能性が高いと予測されています。また「6.1インチ」の新型「iPhone」のみが「シングルカメラ」を搭載していることが確認することができます。

ただ残念なのが事前情報と異なり「iPhone X Plus」には「トリプルレンズカメラ」が搭載されていないことを確認することができます。詳細は「世界最高峰のカメラを搭載に。「iPhone X Plus」の回路図がリークしたって話。」をご参照下さい。少なくとも今年までは「デュアルレンズカメラ」がトレンドでしたが、「Huawei P20 Pro」を皮切りに、来年は「トリプルレンズカメラ」がトレンドになると予測されています。

このことからも早めに「iPhone」に搭載を期待したいところだったんですが、正直残念なところです。もともとカメラの評価がかなり高い「iPhone」のトリプルレンズの採用がものすごい高い評価になりそうで楽しみにしていたのですが。

今回の画像を通して確認できるのは、内部において差があるにせよ、そのデザインに関してほぼ共通化されており、「ディスプレイサイズ」と価格でユーザーの幅広いニーズに対応することが可能になったと考えることができます。先日の情報からも「6.1インチ」モデルのみ発売が遅れるとされていますが、他の2モデルに関しては例年通り9月に発売を開始すると予測されています。詳細は「少しの間だけお預けに。「6.1インチ」の新型「iPhone」の発売は10月に延期かもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧