• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • ほぼ例年通りのスケジュールに。Appleは「9月12日」に新型「iPhone」を正式発表かもって話。

ほぼ例年通りのスケジュールに。Appleは「9月12日」に新型「iPhone」を正式発表かもって話。

ここ最近になって、今年発表が予測されている3つの新型「iPhone」のモックアップのリークが相次いでいることからも、よりその存在が確実になる一方で、先日のFCCの認証情報からも、今年は「iPhone SE」の後継機種である「iPhone SE2」は発表されない可能性がかなり高いとされており、新たに追加される「6.1インチ」モデルが後継機種の立場として登場するのか、それとも別のラインとして登場するのか話題になっています。詳細は「「iPhone SE2」の登場は限りなくゼロへ。新型「iPhone X」シリーズが認証を通過で登場間近にって話。」をご参照下さい。

先日には今年登場が予測されている新型「iPhone」3モデルのスペックをまとめたものがリークしており、やはり大きな進化というよりは、昨年から始まった今後10年のベースモデルである「iPhone X」のラインナップを強化した形となっており、特に「5.8インチ」モデルに関しては、大きな進化がないと予測されています。詳細は「なぜ「Plus」にしてしまったのか。「iPhone SE」の後継機種は「6.1インチ」の「iPhone SE Plus」として登場かって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Appleは「9月12日」にイベントを開催し、新型「iPhone」を発表する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



例年と同様のスケジュールに。

 

さて先日の情報からも、今年登場する新型「iPhone」は「ベゼルレスデザイン」や「Face ID」を共通採用しており、大きな違いとしては「ディスプレイサイズ」と、ユーザーにとって非常に分かりやすいラインナップになっていると予測されており、特に注目されているが価格が控えめになるとされている「6.1インチ」モデルになります。

この「6.1インチ」モデルは、他の2モデルと異なり10月以降に発売がずれこむと予測されています。詳細は「少しの間だけお預けに。「6.1インチ」の新型「iPhone」の発売は10月に延期かもって話。」をご参照下さい。ただ発表に関しては3モデルとも共通して「9月」に行われると予測されている中、今回同サイトによると、「9月12日」にイベントを開催する可能性が高いとしています。

同サイトによれば、従来のイベントを行っているタイミングに加え、他の投機的な要因に基づいて判断した場合、「9月12日」は非常に合理的なタイミングであるとしています。従来の流れを見る限り、「火曜日」もしくは「水曜日」にイベントを開催する可能性が高く、「9月12日」の可能性が最も高く、その次に「9月18日」もしくは「9月19日」であるとしています。

ただ現行モデルである「iPhone8」シリーズに関しても「9月20日」周辺の発売開始だったことを考えると、やはりその1週間前の正式発表が最も有力であると考えることができます。

良くも悪くもそのスケジュールに一貫性があることによって、ある程度イベントのタイミングの予測がつきますが、今年に限っては、このイベントを通して、何が発表されるのか。新型「iPhone」以外に、何が発表されるのか、非常に注目されています。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧