• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 「Galaxy Note9」は3色展開で容量構成は2モデルに。ただ512GBモデルは「13万円」超えにって話。

「Galaxy Note9」は3色展開で容量構成は2モデルに。ただ512GBモデルは「13万円」超えにって話。

先日の情報からも、そのリークしたベンチマークからもRAM「8GB」でストレージが「512GB」の最上位モデルが存在している一方で、リークした「Sペン」のカラーからも本体カラーは「5色」展開になる可能性が高いと予測されています。詳細は「事前情報に相違なし。「Galaxy Note9」はRAM「8GB」で本体カラーは5色展開にって話。」をご参照下さい。

一方で、「8月9日」に正式発表されることが確実視されている中、海外サイトでは早くも「予約特典」が判明しており、本体カラーとリンクしているのか、それともユーザーが選択できるのか判然としない状況にありますが、「Galaxy Note9」の購入特典は「3種類」存在していることが判明しています。詳細は「購入特典は非常に豪華に。「Galaxy Note9」の購入特典は3種類あるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note9」の本体カラーの名称および、その容量別の本体価格が新たに判明したことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



本体価格が容量別に判明に。

 

さて今回の情報によると、インドネシアにおける「Galaxy Note9」の予約特典と、その本体価格が明らかになったとしています。まず本体価格に関しては「128GB」モデルが「$936」となっていることからも、日本円で約「10万4000円」程度になるとしており、さらに「512GB」モデルに関しては「$1214」となっていることからも、日本円で約「13万5000」円」程度になるとしています。

先日の情報でもベースモデルでさえその本体価格は「10万円」を超えるとされていたことからも、今回の情報と一致しています。詳細は「最低価格は「10万円」から。「Galaxy Note9」の本体価格が判明したかもって話。」をご参照下さい。ただ今回の情報によると、当初予測されていたベースモデルである「64GB」モデルは存在しないとしています。

このことからも容量構成は最低で「2モデル」で、可能性としては「256GB」が存在し、単純に「インドネシア」で発売されないだけと考えることができます。

また本体カラーの名称にも言及しており、「Mystic Black」、「Engineered Blue」「Artisan Copper」になるとしています。ただ事前情報では「5色」展開になると予測されていますが、先日の予約特典の画像においても、今回の画像においても「3色」であることからも、多くの国では「3色」展開になると考えることができます。

少なくとも先日の予約特典においてもかなり豪華だと思いましたが、インドネシアにおいては「テレビ」が購入特典として付属しているので、かなり豪華な印象を受けます。Samsungとしては「Galaxy Note9」が今年登場する機種の中で最もプレミアムな機種としての扱いをしており、その分大きな期待もかかっていると考えることができます。

先日の情報からも「Galaxy Note9」は最後の「Note」シリーズになると予測されています。詳細は「「S」と「Note」は融合へ。「Galaxy Note9」は最後の「Note」シリーズになるかもって話。」をご参照下さい。「Galaxy S9」シリーズのように販売不調になるのか、巻き返しをするのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧