• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • より精細なモックアップ画像がリーク。「iPhone SE Plus」は「iPhone SE」と全く異なるデザインにって話。

より精細なモックアップ画像がリーク。「iPhone SE Plus」は「iPhone SE」と全く異なるデザインにって話。

長らく待望されている「iPhone SE」の後継機種ですが、先日の情報からもユーラシア経済委員会の認証情報からWWDC2018までに発表される可能性が高いと予測されていましたが、いまだ発表されておらず、さらにこの時の申請情報を一部変更しており、さらに再度申請しなおしていることが判明しています。詳細は「WWDC2018での正式発表は確定に?「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載で「6月15日」より発売開始にって話。」と「「iPhone SE2」の登場は限りなくゼロへ。新型「iPhone X」シリーズが認証を通過で登場間近にって話。」をご参照下さい。

一方でその存在がほぼ確定的となりつつある「6.1インチ」の新型「iPhone」ですが、その正式名称が判然としない中、海外サイトであるGSM Arenaによると、この機種を「iPhone SE Plus」として発表する可能性が高いことを示唆しています。詳細は「」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーカーとして非常に定評のあるBenjamin Gesikin氏が、自身のTwitterで、「iPhone SE Plus」の「モックアップ」画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「モックアップ」画像が公開に。

 

さて今回同氏によって公開された「iPhone SE Plus」と「iPhone X Plus」の比較画像が上記の画像になります。

 

「6.1インチ」と「6.5インチ」というディスプレイサイズを考えると確かにそこまで大きさに差がないことを確認することができます。両機種とも「Face ID」を搭載した「ベゼルレスデザイン」を採用していることは共通ですが「iPhone SE Plus」のほうが、全体的に丸みを帯びていることを確認することができます。

また先日の情報と異なり、「iPhone SE Plus」は「シングルカメラ」ですが、「iPhone X Plus」に関しては「トリプルレンズカメラ」ではなく「デュアルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。詳細は「世界最高峰のカメラを搭載に。「iPhone X Plus」の回路図がリークしたって話。」をご参照下さい。

 

背面に関しては「ガラス」であることを確認することができ、さらに先日の情報通り、「サイドフレーム」に関しては「ステンレス」ではないことを確認することができます。あくまでも「モックアップ」であるため、実際の製品とその質感が異なる可能性がありますが、その雰囲気を掴むには十分な画像であると考えることができます。

やはり今年の新型「iPhone」は「iPhone X」と同様にデザインの共通化、そして「ディスプレイサイズ」の大型化がテーマとなっている可能性が高いと判断することができ、小型モデルユーザーにとしては、非常につらい結果になると考えることができます。少なくとも最も小型モデルでさえ「5.8インチ」になるので。

例年通りであれば、「9月」に正式発表されるとされている中で、「iPhone SE Plus」に関しては発売日が遅れると予測されています。詳細は「少しの間だけお預けに。「6.1インチ」の新型「iPhone」の発売は10月に延期かもって話。」をご参照下さい。早めの3モデルの登場に期待したいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧