• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE」の遺伝子は「iPad」へ。次期「iPadPro」の本体サイズとデザインが判明かもって話。

「iPhone SE」の遺伝子は「iPad」へ。次期「iPadPro」の本体サイズとデザインが判明かもって話。

今年の9月に正式リリースされると予測されている「iOS12」のβ版の配信が開始しており、先日の情報からもこのβ版から、次期「iPad」には「Face ID」を搭載される可能性が非常に高いと予測されています。つまり「iPhone X」と同様に「ベゼルレスデザイン」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「発表されたばかりの「iOS12」。次期「iPad Pro」が「Face ID」を搭載することを示唆しているって話。」をご参照下さい。

さらに先日にはユーラシア経済委員会の認証情報からも、未発表の「iPad」が2種類、そして未発表の「iPhone」が3種類、認証を通過していることが判明しており、遅くても9月までには正式発表される可能性が高いと予測されており、さらに先日には精細なレンダリング画像も公開されています。詳細は「持ちやすいのか。使いやすいのか。「Face ID」に対応した次期「iPad Pro」のレンダリング画像が公開にって話。」と「「iPhone SE2」の登場は限りなくゼロへ。新型「iPhone X」シリーズが認証を通過で登場間近にって話。」をご参照下さい。

さて今回Macお宝鑑定団Blogによると、次期「iPad Pro」の本体サイズと、そのデザインの一部が判明してたことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「iPhone SE」のデザインを。

 

さて今回の情報によると、事前情報通り、Appleは次期「iPad Pro」を2種類発表するとしており、「Face ID」を搭載した「ベゼルレスデザイン」が最大の特徴になるとしています。また本体サイズについても言及しており、「10.5インチ」モデルは「247.5mmx178.7mmx6mm」となっており、「12.9インチ」モデルに関しては、「280mmX215mmX6.4mm」になるとしています。

特に「12.9インチ」モデルに関しては、かなり小型されると考えることができます。一部情報では「本体サイズ」が現行機種と変わらず、「ディスプレイサイズ」のみが大きくなると予測されていましたが、今回の情報が正しければ、「ディスプレイサイズ」に変更はなく、本体サイズが変更されると考えることができます。

また「デザイン」に関しては、「iPhone SE」のように裏面の部分もダイヤモンドカット加工されるとしています。先日の情報からも今年は「iPhone SE」の後継機種は登場しないと予測されていますが、まさかの遺伝子が「iPad Pro」に受け継がれることになります。

さらに、「Face ID」は本体を横にして認証できないことからも、「スマートコネクター」の搭載位置が、本体下部に移動するとされており、「Smart Keyboard」を装着する場合も、本体を縦にした状態で接続するとしています。あとは「イヤホンジャック」が廃止されると予測されている一方で、マイクに関しては「ステレオマイク」を搭載するとしています。

先日までの情報では、「デザイン」に関してあまり具体的な情報がありませんでしたが、今回の情報ではかなり具体的な情報がでてきたことになります。逆に言えば、これだけ具体的な情報が出てくるということは、それだけ発表が近いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧