• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 「Galaxy X」と呼ばれたSamsung初の折りたたみ機種の正式名称は「Galaxy F」になるかもって話。

「Galaxy X」と呼ばれたSamsung初の折りたたみ機種の正式名称は「Galaxy F」になるかもって話。

先日の情報からも、順当にいけば来年の2月に発表が予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、Samsungは初の「折りたたみ式」を採用した「Galaxy X」を大々的に発表するために、「Galaxy S10」の発表時期を「1月」に前倒しにする可能性が高いと予測されています。詳細は「すべては「Galaxy X」を優先に。「Galaxy S10」はちょっと早く1月に正式発表かもって話。」をご参照下さい。

さらにこの情報を裏付けるかのように、「Galaxy X」用の「有機ELディスプレイ」の生産を開始するとされており、一方で先日公開された特許においては、「Galaxy X」のデザインが明らかになっており、「折り畳み」とはいえ、本体の3分の2程度しか折りたためないような仕様になっていることが判明しています。詳細は「そのデザインがついに明らかに?「Galaxy X」の「有機ディスプレイ」をいよいよ生産開始にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、以前の情報まで「Galaxy X」と呼ばれていた機種の正式名称は「Galaxy F」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



正式名称が判明に?

 

さて今回の情報によると、業界関係者の話として、Samsung初の折りたたみ式を採用した機種の正式名称は「Galaxy F」になる可能性が高いとしています。確かに先日の情報でも「Galaxy X」はゲーミング用の機種に与えられた名称だと予測されています。詳細は「正式名称は不明に。「折り畳み式」を採用した次期モデルの名称は「Galaxy X」ではないって話。」をご参照下さい。

また今回の情報では、この「Galaxy F」はシリーズとして確率する可能性が高く、「Galaxy S」や「Galaxy Note」シリーズよりメインシリーズとして扱われる可能性が高いとしています。ただ先日の情報では、「Galaxy F」をシリーズするために「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」シリーズを統合する可能性が高いと予測されています。詳細は「「S」と「Note」は融合へ。「Galaxy Note9」は最後の「Note」シリーズになるかもって話。 」をご参照下さい。

このことからも、今回の情報では3シリーズとも並存すると考えることができるので、情報に矛盾が生じていることになります。ただこの「Galaxy F」の本体価格の情報に関しては一致しており、やはり「20万円」程度になると考えることができます。詳細は「あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超えるって話。」をご参照下さい。

あくまでも今回の情報によると、「Galaxy F」はSamsungが正式名称を発表していない以上、推測の域を抜けることはないとしている一方で、正式名称になる可能性は非常に高いとしています。また付随して、今後「ミドルレンジモデル」向けの名称も変更される可能性が高いと予測されています。

確かに登場時期を考えればまだかなり先の話になりますが、Samsungに関するリーク情報は地味に多く、そしてその精度も毎回高いのが特徴になります。果たしてどのような登場の仕方になるのか、今から楽しみです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧