• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 正式名称は不明に。「折り畳み式」を採用した次期モデルの名称は「Galaxy X」ではないって話。

正式名称は不明に。「折り畳み式」を採用した次期モデルの名称は「Galaxy X」ではないって話。

先日の情報からも、Samsungとして初の「折り畳み式」を採用した「Galaxy X」を正式に発表すると予測されており、この「折り畳み式」は新たなシリーズとして展開される一方で、既存のラインナップである「S」シリーズと「Note」シリーズは統合される可能性があると予測されており、「Galaxy Note9」が最後の「Note」シリーズになる可能性があるとされています。詳細は「「S」と「Note」は融合へ。「Galaxy Note9」は最後の「Note」シリーズになるかもって話。」をご参照下さい

一方でこの「Galaxy X」は発表当時で最高のスペックになると予測されており、その本体価格もプレミアムになると予測されており、約20万円程度になると、歴代のGalaxyシリーズで最も高い本体価格になると予測されています。詳細は「あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超えるって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、この折り畳み式を採用した機種の正式名称は「Galaxy X」ではなく、「Galaxy X」は別の機種の名称である可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



正式名称は不明に。

 

さて今回の情報によると、Samsungが開発している「折り畳み式」を採用した次期プレミアムモデルの名称が「Galaxy X」ではない可能性が高いと報告しています。また今回の情報は以下のtweetから判明したとしています。

「Galaxy X」はSamsungが開発してるゲーミング用の機種に与えられた正式名称であるとされており、逆に「折り畳み式」を採用した機種の正式名称は判然としない状況になっています。ただ確かに「Galaxy X」はゲーミング用として始め登場すると予測されており、一部の情報は一致しています。詳細は「スマートフォンに革命を。「Galaxy X」の折りたたみ式機構を来年発表される「Galaxy」シリーズに広く採用かって話。」をご参照下さい。

ただこの時の情報と異なるのは「ゲーミング用」と「折り畳み式」が別々の機種であるということです。先日にはこの「折り畳み式」の機種の新たな特許が公開されており、そのデザインが判明しており、さらに複数のディスプレイを搭載することも判明しています。詳細は「そのデザインがついに明らかに?「Galaxy X」の「有機ディスプレイ」をいよいよ生産開始にって話。」と「MWC2019で発表へ?折りたたみ式を採用した「Galaxy X」は「3.5インチ」ディスプレイを複数搭載かもって話。」をご参照下さい。

ただ今回の情報で逆に疑問になるのが、この「Galaxy X」とよばれている「ゲーミング用」の機種がいつ登場するのかということです。その名称すら混同していたことを考えれば、そのデザインやスペック、そして価格についても混同している可能性が高いと考えることができます。今年の後半には「折りたたみ式」を採用した機種の生産が開始すると予測されています。この時までにはより具体的な情報がリークすることに期待したいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧