本当の破格破壊の始まり。ハイミッドレンジモデル「Xperia XA2 Plus」は約4万円程度購入可能にって話。

事前情報では今年の後半に開催が予定されているIFA2018で正式発表されると予測されていましたが、イベントなしに突如発表された「Xperia XA2 Plus」ですが、従来の「ミドルレンジモデル」と異なるコンセプトとなっており、特にデザインに関しては、かなり完成度が高い状態になっています。詳細は「「Xperia 」のデザインの集大成では?SONYが「Xperia XA2 Plus」を正式に発表したって話。」をご参照下さい。

一方でこの「Xperia XA2 Plus」は従来のハイエンドモデルにしか採用されてこなかった「ハイレゾ」や「アスペクト比18:9」を採用しており、さらに「デザイン」も「Xperia XZ1」シリーズに採用された「ループサーフェイス」を彷彿させるデザインを採用していることからも、従来のマーケティング戦力と大きく異なる可能性が高いと考えられています。詳細は「出し惜しみは一切しない。SONYは次期「Xperia」でデザインやスペックの固定概念を破るかもって話。」をご参照下さい。

さて今回PrexBlogによると、「Xperia XA2 Plus」の本体価格について言及しており、その本体価格は「4万円」程度になるとしているので簡単にまとめたいと思います。



本体価格が判明に。

 

さて今回の情報によると、「Xperia XA2 Plus」の本体価格は「$374」になる。つまり日本円で約「4万1000円」程度になる可能性が高いと報告しています。現行機種である「Xperia XA2」よりはちょっと高めで、「Xperia XA2 Ultra」よりはちょっと安めの価格設定になっています。

ただ「Xperia XA2 Plus」のデザイン、そして本体「スペック」を考えれば、かなり破格の価格設定だと考えることができます。どうしても従来の「Xperia」は中途半端なスペックに中途半端な価格というイメージでしたが、「Xperia XA2 Plus」は明らかに安いという印象があります。

やはり同じ「Xperia XA2」シリーズでありながら「Xperia XA2 Plus」は別のラインナップにあると考えてもおかしくはありません。また今回の情報では、8月下旬より発売を開始するとしており、先日の情報では「台湾」でも発売する可能性が高いと予測されています。詳細は「日本でも購入が可能に?「Xperia XA2 Plus」は台湾やアジア地域でも展開が確定かもって話」をご参照下さい。

SONYの発表では「ヨーロッパ」を中心に展開されるとしていますが、先日までの情報を考慮すると、「Xperia XA2」シリーズを展開している「アジア圏」や、それ以外の国でも展開される可能性が高いと判断することができます。搭載CPUが「snapdragon630」ですが、「ハイエンドモデル」とそこまで使い勝手が大きく変わるということはないです。

「Xperia XA2 Plus」の発売によって、よりコストパフォーマンスが見合わないとされている「Xperia XZ2」シリーズの売上が悪化すると考えることもできます。発売と同時期に発表される「Xperia XZ3」にも影響を及ぼさないといいのですが。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 物欲が刺激される。「Xperia XZ2 Ultra」も日本国内で予約…

  2. 「Xperia XA2 Ultra」がアメリカで予約開始。発売日も判明…

  3. 高級感増し増し。早速「Xperia XA2」のレビューが公開されたって…

  4. 発表直前。「Xperia XA2 Ultra」の専用ケースの画像がリー…

  5. 次期「Xperia XA2 Ultra」の実機画像がリークしたって話。…

  6. やっぱり厳しいかも。「Xperia XA2」は安いけど、対応バンドは狭…

  7. 「Xperia 」のデザインの集大成では?SONYが「Xperia X…

  8. 同じ「Xperia XA2」シリーズなのに優遇?「Xperia XA2…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. Galaxy

  4. iPhone

  5. Xperia