• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 使いやすいのかな。「Galaxy X」の使い勝手が分かる特許が公開にって話。

使いやすいのかな。「Galaxy X」の使い勝手が分かる特許が公開にって話。

来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy X」ですが、Samsungとして初の「折りたたみ式」を採用するとされており、さらに先日の情報ではプレミアムモデルになると予測されており、その本体価格は「20万円」を超える可能性があると予測されています。詳細は「あまりも特別すぎる存在へ。「Galaxy X」の価格は「20万円」を超えるって話。」をご参照下さい。

一方で最大の特徴ともえいる「折りたたみ式」ですが、先日までの情報では「3.5インチ」程度のディスプレイを複数搭載するとされており、開いた時の最大サイズが「7.0インチ」程度になると予測されています。詳細は「MWC2019で発表へ?折りたたみ式を採用した「Galaxy X」は「3.5インチ」ディスプレイを複数搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy X」の操作性が分かる特許図が公開されていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



使い勝手がいいのか。

 

さて今回公開された「特許図」が上記の画像になります。本体中央部分に「ヒンジ」がついていることからも「Galaxy X」のことを示唆している可能性が高いと考えることができます。また先日公開された「galaxy X」のものとされている「特許図」とも一致しており、「Galaxy X」は大方このようなデザインになる可能性が高いと考えることができます。詳細は「そのデザインがついに明らかに?「Galaxy X」の「有機ディスプレイ」をいよいよ生産開始にって話。」をご参照下さい。

今回の特許図をみる限り、先日の情報通り、財布のように2つに折りたためることを確認することができますが、どの程度の力で折りたためるのか、また逆にどの程度の力で、折りたたみを解除できるのか非常に気になるところです。

また一部情報では「ヒンジ」部分の「有機ELディスプレイ」の耐久性が大きな課題になっているとされており、この課題に付随して、ヒンジ部分周辺の「ディスプレイ」の「タッチ感度」も課題になっているとされています。ただ折りたためる「ディスプレイ」なら、技術的に問題はないと考えることができますが、日常的に使うとなるとまた別の話になります。

また上記の画像をみる限り、背面でも何かしらの操作ができると利便性が高いと考えることができ、先日の情報では「背面」に「ディスプレイ」を搭載していると予測されていますが、このサブディスプレイは「通知」など以外にもタッチパネルとして使えればかなり便利ですよね。

一部情報では「サブディスプレイ」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するとの予測もあり、開いた状態で「背面」をタッチするだけでロックが解除されるようになるとの予測もあります。

特許がここ最近頻繁にリークされていることからも、Samsungとして最終の準備段階に入っていると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧